縁起のいい数字といえば?ナンバープレートにおすすめの数字もあり!

縁起のいい数字といえば?ナンバープレートにおすすめの数字もあり!

車のナンバーや携帯電話のロック番号など、せっかく自分で選べるなら縁起のいい数字にしてみませんか?今回は縁起のいい数字についてご紹介していきます。縁起のいい数字を使ってあなたの人生にちょっとした彩りを添えてみるのはいかがでしょうか。

記事の目次

  1. 1.ナンバープレートなどで使いたい縁起のいい数字を紹介!
  2. 2.日本で縁起のいい数字【一桁】
  3. 3.日本で縁起のいい数字【ニ桁】
  4. 4.日本で縁起のいい数字【三桁】
  5. 5.日本で縁起のいい数字【四桁以上】
  6. 6.ナンバープレートにおすすめの縁起のいい数字
  7. 7.風水的に縁起のいい数字
  8. 8.中国で縁起のいい数字は?
  9. 9.縁起のいい数字を意識して使ってみよう!

ナンバープレートなどで使いたい縁起のいい数字を紹介!

Photo byctvgs

車のナンバーや携帯電話などの電子機器の暗証番号など、自分で数字を選ぶ機会は少なからずあると思います。そういう時に、自分の誕生日や語呂合わせなども良い案だと思いますが、せっかく選べるのならば縁起のいい数字を設定して、運を呼び込みたいところです。

今回は、縁起のいい数字についてご紹介していきます。日本で縁起がいいと言われている一桁、二桁の数字からナンバープレートに使いやすい数字をご紹介するほかに、風水の観点から見た縁起のいい数字や、中国で縁起のいい数字と言われている数字もご紹介していきます。

日本で縁起のいい数字【一桁】

まずは日本で縁起のいい数字とされている一桁の数字をご紹介していきます。古くから日本人は、「割り切れる」ことから「縁の切れ目」を表す偶数よりも、「割り切れない」奇数を好む傾向にあります。

例えば、1から9の間で好きな数字を選ぶとしたら、あなたはどの数字を選ぶでしょうか。選んだ理由は人それぞれですが、一桁だけの数字を選ぶ場面でも、縁起のいい数字を選びたいという方もいるかもしれません。

一桁の数字の中でも、「3」「5」「8」は、日本では特に縁起のいい数字とされている一桁の数字です。その理由については、それぞれの項目で詳しく解説していきます。

「3」

「3」という数字は、日本では古来より「三種の神器」や「三大〇〇」、「ベスト3」や「日本三景」など、キリが良い数字として好んで用いられてきました。

一桁の数字の中でも「3」は特別な意味を持っており、「3つ」が「満つ」の語呂合わせにもなっているので、一桁の数字の中ではとても縁起のいい数字として好まれています。また、陰陽道でも区切りのいい数字とされ、中国でも縁起のいい数字として用いられているようです。

中国から伝わった「上巳(じょうし)の節句」という奇数が重なる日を縁起の悪い節目の日として、その日に邪気を祓う行事を行うというものが、日本では江戸時代中期に祝い事として変化しました。

3月3日は桃の節句で女の子が健やかに育つようにお祝いする日です。雛祭りに産まれてほしいという方も多く、「3」という数字は一桁の数字の中でも女性に関係のある縁起のいい数字です。

「5」

「割り切れない」ことから縁が切れないということで奇数は縁起のいい数字として考えられていますが、一桁の奇数である「5」も例外ではありません。

「五臓六腑」や「五感」と言ったように、「5」という数字は古くから人間の身体を表す数字として用いられてきました。健康な状態のことを「五体満足」と表現しますが、文字通り元気で健康で居られることを表すのが「5」という一桁の数字です。

5月5日も3月3日同様に、中国から伝わった「上巳(じょうし)の節句」が転じたものとして端午の節句、こどもの日に当たります。日本では男の子の健康を祈る日としてお祝いされているため、「5」は一桁の数字の中でも体に関係のある縁起のいい数字とされています。

「8」

偶数は割り切れることから縁起が悪いとかいせつしましたが、一桁の数字の中でも「8」は縁起のいい数字とされています。古くから「8」という数字は、日本において最も縁起のいい数字のひとつとされています。

漢字の「八」という形から、末広がりで縁起がいいというのはよく言われていますが、三種の神器にも「八咫鏡(やたのかがみ)」と「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」があり、古来から「8」という一桁の数字に特別な思い入れがあったことがわかります。

また、日本サッカー協会のシンボルマークでもおなじみの八咫烏(やたがらす)にも「8」が入っています。八咫烏は、日本神話において「導きの神」として信仰されています。

数字を横倒しにすれば「∞」になることから、無限の可能性を表す数字としても知られます。偶数の一桁の数字の中でも「8」は特に縁起のいい数字として好まれています。

日本で縁起のいい数字【ニ桁】

一桁の数字に続いて、縁起のいい数字と言われているニ桁の数字をご紹介していきます。ニ桁の数字で、特に縁起がいいと言われているのが「5大吉数」と言われる5つの吉数と呼ばれるニ桁の数字です。

5大吉数とは、姓名判断でよく用いられるもので、この5つのニ桁の数字を総格や外格と呼ばれている名前の画数に取り入れることによって、運気を呼び込むことができると言われています。今回はニ桁の縁起のいい数字として、5大吉数をご紹介していきます。

ニ桁の縁起のいい数字を組み合わせてナンバープレートや暗証番号など身近な場所に用いることで、5大吉数の御利益を得られるかもしれません。

「15」

5大吉数のひとつである「15」というニ桁の数字には、仕事運や金運、対人運といった全体的な運気を上げてくれる力があると言われています。

また、「15」というニ桁の数字は、名声や発展、人脈・人気といった意味があり、仕事などで良い人脈に恵まれて、成功して地位を得る運気が高い数字だと言われています。

完成や名声を意味する立身出世の大吉数と言われており、全体運をアップさせるニ桁の数字であるとされています。他のニ桁の数字と組み合わせて、スマートフォンのロック番号や暗証番号などの身近な数字に設定すると御利益を得られるかもしれません。

「24」

5大吉数の中でも、金運に最も効果があると言われているのが「24」というニ桁の数字です。「24」には玉の輿や成功、財運上昇などの意味が込められており、お金に関する運気を上昇させてくれるニ桁の数字だと言われています。

このニ桁の数字を愛用する人たちのなかでは、財運に効果があるニ桁の数字ということから、通帳の残高にあえて「24」という数字を書き込むと金運が上がると言われているため、24,000円をあえて入金したり、残高を一度引き落として24円にしたりすると良いと言われています。

また、「24」は物質的な幸せを意味する吉数と言われていて、この数字を持つ人はお金など物理的な問題で困ることはないと言われています。金運にまつわるニ桁の数字のため、キャッシュカードの暗証番号などに取り入れるのも御利益がありそうです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事