ラナンキュラスの花言葉が怖いって本当?色別の意味や名前の由来をご紹介!

ラナンキュラスの花言葉が怖いって本当?色別の意味や名前の由来をご紹介!

ラナンキュラスは、幾重にも重なった花びらが、華麗さと可憐さをイメージすることができる人気の花です。人気のラナンキュラスの花言葉は前向きなものが多いのですが、怖い花言葉もあります。ここでは、ラナンキュラスの怖い花言葉と色別の意味や名前の由来について解説します。

記事の目次

  1. 1.ラナンキュラスの怖い花言葉を徹底調査!
  2. 2.ラナンキュラスとは?
  3. 3.ラナンキュラスの怖い花言葉の意味とは?
  4. 4.ラナンキュラスの色別の花言葉
  5. 5.オレンジのラナンキュラスには隠された怖い花言葉がある!

ラナンキュラスの怖い花言葉を徹底調査!

Photo by kanonn

ラナンキュラスは、幾重にも重なった色鮮やかな花弁がとても美しい、秋植えの球根植物です。あでやかで可憐な花なので、花束などの切り花での贈り物にとても人気があります。また、切り花として人気が高くなった近年では、花の色や形を変える品種改良が盛んに行われています。

ラナンキュラスはとても人気があり、その花言葉もポジティブなものが多いのですが、その反面、ラナンキュラスには、少し怖い花言葉もあります。ここでは、ラナンキュラスの怖い花言葉を徹底調査します。

ラナンキュラスとは?

Photo byChiemsee2016

ラナンキュラスはキンポウゲ科の花で、約500種類あります。そのなかで、日本でラナンキュラスとして知られているのは、中近東からヨーロッパ南東部の比較的乾燥した地中海地域で、広く分布している「ラナンキュラス・アシアティクス」という品種を改良したものです。

ラナンキュラスは、秋に植え付け、比較的耐寒性があるため冬を越して春にきれいな花を咲かせます。ただ暑さにはとても弱いので、夏の暑い時期は、休眠しています。

ラナンキュラスの歴史

Photo byDGlodowska

ラナンキュラスの歴史は、古くヨーロッパ中世の十字軍の時代にさかのぼります。13世紀、フランス王ルイ13世は十字軍に参戦したとき、中東で美しいラナンキュラスの花を見つけます。ルイ13世はこの美しい花を、花が大好きな母のためにヨーロッパへと持ち帰ります。

ラナンキュラスは、とても種類の多い花です。この時、ヨーロッパへ持ち帰ったラナンキュラスを、ヨーロッパの人々の好みに合うように様々な品種改良がおこなわれたことによります。

日本でよくみられるラナンキュラスは、「ラナンキュラス・アシアティクス」という種類の花です。このラナンキュラスは、16世紀にトルコで品種改良されたものです。そのため、アジアという意味をもつ「アシアティクス」という名前が付けられています。

開花時期

Photo byMammiya

ラナンキュラスの開花時期は、3月から5月です。前年の10月ごろに球根の給水処理をして、植え付けます。ラナンキュラスの苗は、1月頃店頭で手に入れることができます。寒さには、比較的強いのでとても育てやすいといえます。早春から春にかけて開花するため、春を感じることができる花です。

花名の由来

Photo bymanfredsteger

ラナンキュラスの花の名前の由来は、ラテン語の「rana」という言葉です。この「rana」という言葉は、カエルを意味する言葉の語源となっています。

ラナンキュラスの多くの種類は、湿った場所を好むため、カエルにちなんだ「rana」に由来するといわれています。また、ラナンキュラスの葉が、カエルの足跡のように見えることが、カエルの意味が入った「ラナンキュラス」という名前の由来ともいわれています。

花言葉の由来

Photo bySweetaholic

ラナンキュラスの花言葉には、優しくポジティブなものが多くあります。ラナンキュラスは、その中でも「美しい人格」という花言葉を持っています。この花言葉には、ギリシャ神話に由来する悲しい物語があるといわれています。

ピグマリオンとラナンキュラスという青年は、山に出かけたとき道に迷ってしまいます。困り果てた二人を助けたのが村娘コリンヌです。

美しいコリンヌに、ピグマリオンもラナンキュラスも恋をします。コリンヌは、ピグマリオンを選び、ラナンキュラスは、そっと身を引き、シシリー島へと向かいます。ラナンキュラスを心配したピグマリオンは、ラナンキュラスを探すためにシシリー島へと向かいます。

しかし、ラナンキュラスはすでに亡くなっており、その墓のそばに美しいラナンキュラスの花が咲いていたことが、ラナンキュラスの美しい人格という花言葉の由来といわれています。

ラナンキュラスの怖い花言葉の意味とは?

Photo byxusenru

ラナンキュラスの花言葉は、とても魅力的、名声・名誉・晴れやかな魅力などとても優しい花言葉といえます。ただ、ラナンキュラスの花言葉には、優しいポジティブな花言葉だけではなく、少し怖い花言葉もあります。ここではラナンキュラスの怖い花言葉について解説します。

オレンジのラナンキュラスの花言葉「秘密主義」

Photo byCapri23auto

ラナンキュラスの中でも怖い花言葉を持つといわれているのは、オレンジ色をしたラナンキュラスです。オレンジのラナンキュラスの花言葉は、「秘密主義」といわれています。

オレンジのラナンキュラスは、とても鮮やかで魅了されてしまいますが、じつはその裏に秘密を隠し持っているという意味深な花言葉になっています。そのためオレンジのラナンキュラスの花言葉を考えると、ブーケや花束として贈り物にするには、少し不向きであるといえます。

花言葉の意味

Photo byPezibear

オレンジのラナンキュラスの花言葉である「秘密主義」は、艶やかで美しい花の印象が強いオレンジのラナンキュラスの花言葉とは、考えられないようなとても意味深な花言葉です。

オレンジのラナンキュラスは、幾重にも重なった花びらを持っています。雌しべを隠してしまうようなこの花弁が、秘密を隠し、決して口外しないようにと口止めしているように見えます。そのため見た目とは裏腹に、大切な秘密を隠しているという花言葉となったといわれています。

オレンジのラナンキュラスの種類

Photo byCouleur

オレンジのラナンキュラスには、オレンジの色が微妙に違う数種類の花があります。鮮やかなオレンジのエム・オレンジやバラのようなディーヌ、大輪のパラドゥーなどがよく知られています。

オレンジのラナンキュラスは、「秘密主義」という意味深な花言葉を持っていますが、その艶やかで明るい色合いは、とても魅了されるものがあります。贈り物には不向きなオレンジのラナンキュラスですが、自宅用として楽しむことができます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事