菖蒲の花・アヤメ・カキツバタとの違いと見分け方!特徴や花言葉も紹介!

菖蒲の花・アヤメ・カキツバタとの違いと見分け方!特徴や花言葉も紹介!

菖蒲の花・アヤメ・カキツバタの違い・見分け方を簡単にご紹介! 菖蒲には、花を付けるハナショウブと付けないショウブと二種類があります。 菖蒲の花・アヤメ・カキツバタは見た目がそっくりで開花時季も同じ! そんな区別の難しい植物、四種類を取り上げます。

記事の目次

  1. 1.菖蒲の花・アヤメ・カキツバタは同科の花で区別しにくい
  2. 2.菖蒲の花・アヤメ・カキツバタの見分け方
  3. 3.菖蒲の花・アヤメ・カキツバタの名前の由来と花言葉
  4. 4.菖蒲の葉や根の効能
  5. 5.菖蒲の花は生息地・大きさ・模様・葉脈の違いで見分けるのが大切!

菖蒲の花・アヤメ・カキツバタは同科の花で区別しにくい

フリー写真素材ぱくたそ

ハナショウブ・アヤメ・カキツバタは開花時季が近く、見た目もそっくりで見分けることが難しい植物です。

実は、アヤメとカキツバタは品種改良された栽培種で、ノハナショウブという植物が原種です。そのため、この三種は全て同じアヤメ科の植物です。元々は同じ植物なので、この三種類の見分け方はとても難しくなっています。

ちなみに後で詳しく説明をしますが、ショウブとハナショウブは異なる植物です。ショウブはマメ科で、先述した三種類とは全く違う植物です。まずは、この二つの植物の違い、見分け方についてご説明していこうと思います。

菖蒲の花は「アヤメ」と「ショウブ」の二つの読み方がある

Photo by_Alicja_

「菖蒲」という漢字には「アヤメ」と「ショウブ」の二つの読み方があります。どちらも植物の名前を指していて、同じ漢字のためアヤメとショウブは同じ植物なのでは? と思ってしまいますが、実は全く違う植物なのです。

ショウブというと、一般的には端午の節句(こどもの日)に入る菖蒲湯で使われる植物で、花を付けないガマに似た植物を指しますが、アヤメに似た花を咲かせる「ハナショウブ」のことを指す場合もあります。ショウブとハナショウブ、名前はとても似ていますが、これもまた別の植物です。

ショウブはマメ科で、ハナショウブはアヤメ科。「菖蒲」がハナショウブを指すこともあることから、この三種は同じ植物だと勘違いされることがあります。しかし、似ている植物はショウブ・ハナショウブ・アヤメだけではありません。

菖蒲の花を例えたことわざ

Photo by houroumono

「何れ あやめ か かきつばた」ということわざはご存じでしょうか。どちらも美しいことから優劣の区別をつけるのが難しいという意味で、比較できない女性の美しさを言うときに使います。このことわざには由来となった故事があります。

その故事は太平記で読むことができます。その物語は、大勢の美女の中から菖蒲前という女性を見つけるという物語で、その際に詠んだ和歌が由来であると言われています。

「五月雨に沢辺の真薦(まこも)水越えていづれあやめと引きぞわづらふ」(五月雨で沢のほとりのあやめもまこもも水に埋まってしまった。そのため、どれをあやめと選び取ることが難しい)この和歌がことわざの由来であるとされています。

菖蒲の花・アヤメ・カキツバタの見分け方

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

このように、ことわざや和歌に詠まれるほど、アヤメとカキツバタは似ています。菖蒲のはなとアヤメ、カキツバタはとてもそっくりですが、実は簡単な見分け方があります。

それでは、そんな甲乙付けがたく美しい菖蒲の花、アヤメ、カキツバタを、生息地や植物や花・葉の特徴から見分ける方法について、ご紹介していきます。

生息地・大きさ・模様・葉脈に違いがある

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

菖蒲の花・アヤメ・カキツバタを見分ける上で一番重要な点は、生息地です。三種類全て湿地に生育していると思われがちですが、そうではありません。

実はアヤメは湿地ではなく、陸上で生育する植物です。生息地が他の二種類と異なるため、見分けることが一番簡単だと思われます。また、三種類の中でアヤメは一番小さく、その大きさでも見分けやすいです。

では、同じ湿地で見られる菖蒲の花・カキツバタの判別の仕方ですが、この二つは主に葉で見分けることができます。菖蒲の花の葉にはハッキリと隆起した葉脈があるため、これでカキツバタと区別することができます。

次からは、この三種類のより詳しい見分け方として、それぞれの花の特徴についてご説明していきます。

菖蒲の花の特徴

Photo bySamuelStone

勝負の花は、付け根が黄色くなっているが他の二種類にはない特徴です。また、三種類の中では一番花が大きいことも特徴です。

菖蒲の花の形には、三英咲(三枚の花びらが目立つもの)と、六英咲(六枚の花びらが目立つもの)、八重咲の三種類があります。アヤメやカキツバタには八重咲のものがなく、また、花びらの付け根が黄色なことから、アヤメとカキツバタを区別することができます。

花の色は、アヤメやカキツバタと比較すると非常に多く6種類もあります。青、紫、ピンク、白、黄色、また複数の色をもつ種類もあります。このような多くの色彩はアヤメやカキツバタにはなく、菖蒲のはなだけです。

アヤメの特徴

Photo byCapri23auto

アヤメの花の特徴は、その名の通り、花の付け根に網目状の模様があることです。また、同じく花びらの付け根に黄色い斑点模様があることも特徴です。

三種類の中では一番花びらが小さく、一輪から三輪の花を咲かせます。花の色は紫と白の二種類で、ハナショウブやカキツバタと比べると非常に少なくなっています。

カキツバタの特徴

Photo by noriqnub

カキツバタの花は、アヤメやハナショウブと比較すると花びらの幅が狭く、尖っている点が特徴的です。

花びらの形はハナショウブと同じく、花びらが三枚の三英咲、そして花びらが六枚の六英咲のものがあります。ハナショウブと異なるのは八重咲がないことです。

カキツバタの花の色は全部で4種類あります。菖蒲の花やカキツバタと同じく、紫、白。その二種類にはない、青色、そして複色があります。

カキツバタは、花びらの先端が細く鋭いことから、他の二種類とは区別しやすいのではないでしょうか。

菖蒲の花・アヤメ・カキツバタの名前の由来と花言葉

今まで、菖蒲の花・アヤメ・カキツバタの違い、見分け方について取り上げてきましたが、次にその名前の由来と花言葉についてもご紹介していきます。花言葉の意味について考える際、花の見た目や名前などに注目してみると面白いかもしれません。

菖蒲の花の名前の由来と花言葉

Photo byCapri23auto

ハナショウブの名前の由来はショウブによく似た葉で花を咲かせることからと、とてもシンプルです。では、ハナショウブの由来に関係のあるショウブの名前の起源はどうなのでしょうか。

ショウブの起源は、端午の節句の風習が中国から日本に伝わった時代まで遡ります。その際に中国の本来の「菖蒲」によく似た植物、つまり現在のショウブに「菖蒲」の名前が付けられたことが始まりです。

そんなハナショウブの花言葉は、「うれしい知らせ」、「心意気」、「優しい心」、「あなたを信じる」、「優雅」と、その花の姿にふさわしいものとなっています。

次へ

関連するまとめ

人気の記事