カラーボックスに扉をつける簡単DIY!付け方や使える100均グッズも紹介!

カラーボックスに扉をつける簡単DIY!付け方や使える100均グッズも紹介!

普段何気なく使っているカラーボックスを、100均で買えるようなアイテムで扉付きにDIYアレンジするおすすめの方法を紹介します。様々な作り方や付け方で、扉付きカラーボックスをDIYで作ることで、機能性やデザイン性が格段にアップします。

記事の目次

  1. 1.「カラーボックスに扉があればいいのに」と思う人は多い
  2. 2.扉付きカラーボックスの作り方は意外と簡単!
  3. 3.100均のカラーボックスの扉部付けにおすすめのアイテム
  4. 4.カラーボックスの扉付けでDIY初心者に多い失敗
  5. 5.DIY初心者でもできる扉付きカラーボックスのおしゃれアレンジ法
  6. 6.上手くカラーボックスに扉を付けられるか自信がない場合
  7. 7.カラーボックスの扉付けはDIY初心者でも簡単にできる!

「カラーボックスに扉があればいいのに」と思う人は多い

Photo byPactoVisual

どの家庭にも1つはある、便利でお手頃な家具と言えばカラーボックスです。見た目がシンプルでどんなレイアウトにも馴染みやすく、作り方も簡単なのでDIYで初心者でも作れるアイテムとしておすすめのものです。

そんなカラーボックスには本来扉がなく、オープンな見た目になっています。簡単に収納出来るのは良いのですが、中身が丸見えでオープンになりすぎる点が、生活感が出すぎるので困るという人も多く居ます。

そんなカラーボックスに、100均で手軽に買えるアイテムでDIYで出来る扉の付け方があります。カラーボックスにひと工夫加えるだけで、機能性やデザイン性が格段にアップします。その扉付きカラーボックスの作り方やアレンジ方法などをご紹介します。

カラーボックスのアレンジ術まとめ!リメイクでおしゃれなDIYに挑戦!のイメージ
カラーボックスのアレンジ術まとめ!リメイクでおしゃれなDIYに挑戦!
カラーボックスはアレンジ次第で様々な使い方ができます。カラーボックスをアレンジして自分好みの家具にリメイクすることもできるので、様々なカラーボックスのリメイクアイデアを紹介します。収納を増やしたい方や収納場所に困っている方は参考にしDIYに挑戦しましょう。

扉付きカラーボックスの作り方は意外と簡単!

カラーボックスは作り方が簡単なのでおすすめで、気軽に部屋のインテリアとして組み込むことができます。またサイズも小さめで、ちょっとしたスペースに新しい収納として活躍してくれます。

しかしカラーボックスには基本的に扉が無く、中身が丸見えになるために来客時に恥ずかしい思いをしてしまうのもよくあることです。またカラーボックスには扉がない分、ホコリが溜まりやすかったり汚れやすいというデメリットも存在します。

そんなカラーボックスに扉を付ける付け方は、DIYでも意外と簡単に出来るものだったりします。DIYで行う扉付きのカラーボックスの作り方を順に紹介していきます。

カラーボックスの扉付けの準備

扉付きカラーボックスの作り方はDIYですぐに出来て、意外と簡単なものになっています。DIY初心者の方や、DIYを始めてみたかったけどなかなかハードルが高いと感じていた人にもおすすめです。

初めから扉が付いているカラーボックスを売っているホームセンターなどもありますが、そうなると値段がグッと上がってしまいます。なのでぜひこの機会に自分でDIYで扉付きカラーボックスを作ることをおすすめします。

扉付きカラーボックスは、100均で買えるアイテムで十分作ることが出来ます。そんな扉付きカラーボックスを作るために必要な準備事項を確認しましょう。

サイズを測る

Photo byThomasWolter

扉付きのカラーボックスをDIYで作るにあたってまず必要なのが、扉を付けるためのサイズを測ることです。扉を付けるための枠の幅は意外と小さいので、しっかりとサイズを図っておかないと扉が合わなくなってしまいます。

また扉を2個以上付けるのであれば、それぞれのサイズがバラバラになってしまうと、とても見た目が悪くなってしまいます。またカラーボックスの内側に扉を付けるのか、外側に付けるのかでもレイアウトは変わってきます。

いくら作り方が簡単なおすすめDIYとは言え、寸法を適当にしては成功することは難しくなってしまいます。扉付きカラーボックスを作る際には、必ずサイズをしっかり測るようにしましょう。

完成形をイメージをする

フリー写真素材ぱくたそ

扉付きのカラーボックスをDIYで作るにあたって次に必要なのが、完成形をイメージすることです。カラーボックスが全部で3面あるとしたら、3面全てに扉を付けるのか、もしくは上下2面にだけ付けるのかなどで見た目が大きく変わってきます。

また厳密にはそれぞれの面の大きさは変わってくるので、それを利用したデザインなども考えることが出来ます。100均には様々なデコレーションアイテムがあるので、それを利用するイメージも思い浮かばせましょう。

どのような扉があれば便利なのか、どの向きに付けるべきなのか、様々な利用方法をイメージしましょう。好きなように扉を付けることが出来るのも、DIYで扉付きカラーボックスを作る大きなメリットになります。

カラーボックスの扉の付け方

カラーボックスに扉をDIYで付ける付け方は、その付ける扉によって様々です。しっかりとした蝶番で、壊れにくい強い扉を付ける方法や、簡易的にコルクボードで覆うような方法もあります。

DIYが難しければ、レースの素材でカーテンのように覆うだけにしてしまうのも、中身を見せずにおしゃれに見せる方法です。100均で揃うような簡単なDIYとはいえ、女性には工具を使ったDIYは難しいかもしれません。

DIYで扉付きカラーボックスを作るメリットは、好きな向きに好きなデザインで扉を付けられることです。また100均で揃うようなものなので、費用も安く済ませる事が出来ます。何より楽しいので、いい事ずくめです。

100均のカラーボックスの扉部付けにおすすめのアイテム

100均で購入できるカラーボックスの扉部付けにおすすめのアイテムを紹介していきます。木材などはホームセンターで購入するイメージですが、最近では100均でもDIY用の木材の販売がされています。

カラーボックスの扉部におすすめのアイテムはいくつかあり、どれも100均で購入出来る身近なものとなっています。コストが安く、様々なデザインのものがあるので、季節ごとに買い替えたり、デザインを変えてみるのもいいでしょう。

そんなカラーボックスの扉部に付けるのにピッタリなアイテムをいくつかご紹介します。自分のイメージする扉付きカラーボックスに合うようなデザインのものをチョイスしていきましょう。

コルクボード

100均のカラーボックスの扉部付けにおすすめのアイテムの1つ目はコルクボードです。100均には様々なサイズのコルクボードが揃っているので、きっとカラーボックスの扉に使えるものが見つかることでしょう。

コルクボードをそのまま蝶番で固定して扉にするだけでも、木の質感が合うのでデザイン的に馴染むでしょう。それだけでは物足らないという人は、フレーム内に好きな柄の布地や紙を貼って、アレンジを楽しむことも出来ます。

扉付きカラーボックスに付けるアイテムで一番使いやすいのが、このコルクボードになります。質感的に近くて合いやすいのに加えて、アレンジや付け方も簡単に楽しむことが出来ます。しかも100均で簡単に手に入るので、コスパも高いのが特徴です。

コルクボードはそのまま貼っておくだけでも質素でいいのですが、コルクボード本来の使い方をすることで機能性やデザイン性の高い扉に変身します。コルクボードに好きな柄のステッカーやマスキングテープを貼れば、可愛らしくデザインする事が出来ます。

また好きな写真を貼れば、その場所に誰の何が入っているかをさり気なく伝えるメッセージにもなります。例えば長男の写真を貼っていれば長男のものが、次女の写真を貼っていれば次女のものが、といった具合です。

ただ単に「〇〇のもの」といった文字で書いてあるよりも、こうして写真を貼っておけば、大切な思い出を飾りながら機能性を出すことが出来ます。こういったアレンジが出来るのも、コルクボードならではです。

すのこ

100均のカラーボックスの扉部付けにおすすめのアイテムの2つ目はすのこです。すのこは色んな種類のものが100均で売られていて、大きさも様々です。自分のカラーボックスに合うすのこが見つかることでしょう。

すのこもそのまま扉としてカラーボックスに合う材質です。シンプルなアレンジをするなら、そのまま蝶番で取り付けると良いでしょう。木の温もりが感じられて、中身がちょうどよく見えるおしゃれさを演出することが出来ます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事