「バックボーン」の正しい意味とは?ビジネスシーンでの使い方も解説!

「バックボーン」の正しい意味とは?ビジネスシーンでの使い方も解説!

本来は「背骨」という意味になる「バックボーン」ですが、日本のビジネスシーンの中では違った意味で使われています。今回は、そんな「バックボーン」の意味やビジネスシーンでの使われ方、また英語での意味や使い方なども一緒に解説していきます。

記事の目次

  1. 1.「バックボーン」の意味とは?
  2. 2.バックボーンの由来
  3. 3.バックボーンの特徴
  4. 4.「バックボーン」の類語
  5. 5.バックボーンの使い方
  6. 6.バックボーンの注意点
  7. 7.「バックボーン」は「精神的支柱」という意味

「バックボーン」の意味とは?

Photo byStockSnap

日本のビジネスシーンの中には、様々なカタカナ英語が使われています。カタカナ英語というのは、英語の単語を日本語でも使えるように発音をカタカナに変換した言葉になります。

その中でも今回は、日本のビジネスシーンの中でよく使われている「バックボーン」というカタカナ英語を解説していきます。

実は、バックボーンの意味を間違った意味で理解している人もいます。普段バックボーンを使った事がない人やいまいち意味を理解できていない方は、ここでしっかりと意味を覚えていきましょう。

「バックボーン」の意味

まずは「バックボーン」の意味について解説していきます。日本でのバックボーンの意味は「精神的支柱」や「自分のこれまでの生い立ち」というような意味になります。

そのため、日本でバックボーンを使う際には、その人がこれまで生きてきた背景を伝えるために、会話の中で利用される事が多いようです。

また、日本のビジネスシーンにおいては、特にこの部分がよく使われています。例えば、企業などにおいては「企業理念」という会社の精神的支柱という意味でバックボーンを使う場合もあるようです。

英語での「バックボーン」の意味

先ほどは、日本での「バックボーン」の意味について解説していきましたが、ここでは英語での意味を解説していきます。英語では、バックボーンを「backbone」と表記します。

英語の単語から見てもわかりますが、バックボーンは「背骨」という意味があります。この背骨というのは人間にとって重要な部分です。そのため、バックボーンには「基幹」という意味も含まれています。

また、IT業界で使われているバックボーンは、英語で使われていた意味がそのまま使われています。それはネットワークにおいて重要な部分に対して、バックボーンと表現しています。

バックボーンの由来

Photo byCapri23auto

日本で使われる「バックボーン」の由来には、先ほど英語の意味でも解説していた部分が関係しています。それは、英語で使われている「基幹」という意味になります。

英語には、バックボーンの意味を解説する際の1つに「基本的な考え方」という意味で「基幹」を解説しています。この意味からもわかると思いますが、日本で使われているバックボーンと同じ意味になります。

英語で使われているこの部分が、今では日本でバックボーンを使う際の由来になっています。特にビジネスシーンにおいてはよく用いられる表現になります。

バックボーンの特徴

フリー写真素材ぱくたそ

ここからは「バックボーン」の特徴について解説していきます。まず、特徴に1つとしては様々な場面でバックボーンは使えます。

日本では、特にビジネスシーンにおいて会社の理念や組織のこれまでの生い立ちなどを説明する際にバックボーンが使われています。また、普段の会話の中では、自分の生い立ちを話す際に使う事もできます。

そして、ITにおいてはネットワークの重要な部分としてバックボーンは使われています。このことからも様々な場面でバックボーンが使える事は、特徴の1つだといえます。

自己紹介の内容・例文まとめ!印象アップのポイントや注意点も紹介!のイメージ
自己紹介の内容・例文まとめ!印象アップのポイントや注意点も紹介!
自己紹介は初めて会う人に自分のことを知ってもらう重要な機会です。それだけに、自己紹介の内容次第で新しい学校や職場、面接での印象が決まってしまいます。今回はそんな自己紹介の内容の考え方やポイント、考えるのにつまったときの頭の整理の仕方まで合わせて紹介します。

「バックボーン」の類語

Photo byPublicDomainPictures

「バックボーン」にはいくつかの類語があります。類語というのは「同じような意味を持つ言葉」という意味になります。

バックボーンはカタカナ英語の1つになります。そのため、バックボーンの意味がそのまま類語となる事もあります。例えば「基幹」という言葉は、会話の中でもそのまま使えるバックボーンの類語の1つです。

このように、類語を覚えておく事で、会話のシチュエーションによって使い分ける事ができます。ここでは、よく使われる表現の類語を解説していくので、覚えていきましょう。

「屋台骨」

「バックボーン」の中の類語の1つに「屋台骨」という言葉があります。屋台骨というのは、建物を作る際に置いて重要な柱になる役割があります。

そのため「重要な存在」という意味に対して屋台骨が使われる事があります。特に人に対しての意味で使う場合に多く表現されるようです。

例えば、ビジネスシーンにおいて、チームメンバーにいなくてはならない重要なメンバーが居たとします。その際に「彼は、私たちのチームにとっての屋台骨だ」というような使い方ができます。

バックボーンの使い方

Photo byStartupStockPhotos

「バックボーン」の意味や特徴、類語を解説していきましたが、ここからはバックボーンの使い方を解説していきます。また、英語での使い方も一緒に解説していきます。

普段あまりバックボーンを使っていなかった方は、ここで正しいバックボーンの使い方を覚えていきましょう。そして、普段使っている方は、正しい使い方ができているのか確認していきましょう。

「バックボーン」の例文①

Photo byTumisu

まず始めに解説していく「バックボーン」の使い方は、人物に対しての説明でバックボーンを使う方法です。例文は「彼の人生観は、幼少期における経験がバックボーンである」という使い方ができます。

これは、相手の「生い立ち」という意味でバックボーンが使われています。このように人物で使う場合は、その人が今まで体験した経験やその裏にある背景などを表現する際にバックボーンが使われています。

「バックボーン」の例文②

次へ

関連するまとめ

人気の記事