百合の花言葉の意味と由来を色・種類別で紹介!怖い言葉もあるって本当?

百合の花言葉の意味と由来を色・種類別で紹介!怖い言葉もあるって本当?

美しい百合の花。その花言葉をご存じですか。百合はその色や種類によって様々な花言葉を持っています。また美しいだけでなく怖い花言葉が付けられているものもあります。ここではそんな特徴をもつ百合の由来や種類、花言葉などについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.百合には花言葉が多い!
  2. 2.百合の色ごとの花言葉
  3. 3.怖い花言葉を持つ百合とは?
  4. 4.百合の種類
  5. 5.百合は色によって様々な花言葉がある!

百合には花言葉が多い!

Photo byDarkWorkX

百合には野生種と園芸種があります。園芸種は野生種に比べ華やかで多彩な花の色があるのが特徴です。

百合の花にはその色や品種によって多くのの花言葉が付けられています。花言葉には全体の花言葉と色別の花言葉があります。

豊富な色と種類、イメージなどから多彩な花言葉が付けられている百合ですが世界中で愛されているとともにその美しさ故にいくぶん怖い花言葉の意味を持つものもあります。それらもあわせてこれからご紹介します。

百合の由来とは?

Photo by Dakiny

百合の日本名の由来としては二つの説があります。まず百合の花が風に揺れることから「揺り」と呼ばれそれがやがて「百合」となったというもの。

もうひとつの説として百合の花びらが互いに寄り添って重なって見えることから「寄り」が変化して「百合」になったというものがあります。

百合はアジアを中心にして北半球に多く自生しています。特に日本には大きさや色、香り、種類などが豊富なユリが多く「ユリの王国」「ユリの宝庫」などと呼ばれています。

百合全般の花言葉の意味

フリー写真素材ぱくたそ

色や種類によって様々な花言葉を持つ百合の花ですが、色別の花言葉の他に百合全般の花言葉というものがあります。それは「純粋」「無垢」「威厳」です。

「純粋」「純潔」という花言葉の由来はギリシア神話からきているそうです。女神ヘラの乳がこぼれて地上で百合となりそれが母性の象徴と言われるようになりました。

ユリはまたキリスト教とも関連が深く聖母マリアに捧げられた花としてそのイメージにふさわしい花言葉「純粋」「無垢」が与えらています。またバチカンやフランスの国花としても知られています。

百合の色ごとの花言葉

Photo byshell_ghostcage

百合の花の色には主に白、オレンジ、ピンク、黄色などがあり、それぞれの色ごとにそれに似合う花言葉があります。

ユリはその純粋な美しさで世界中で愛されている花ですが、色ごとに花言葉も違ったり同じ花の色でもネガティブな意味を持つものもあります。香りも強いので百合を贈る時は数や色、花言葉の意味など調べてから贈ったほうがよいでしょう。

白百合の花言葉

Photo byauntmasako

白百合の花言葉は「純潔」「無垢」です。「純潔」と「無垢」は百合の花から容易にイメージできます。西洋ではマドンナリリーと言われ「純潔」を表しています。結婚式の花嫁のブーケなどに人気があるのも頷けます。

もうひとつ白百合の花言葉に「威厳」があります。思わず何故かと考えてしまいますがそれは百合が凛とした姿で咲き誇るところから来ていると言われています。美しく気高い百合の花にふさわしい花言葉と言えるでしょう。

オレンジの百合の花言葉

フリー写真素材ぱくたそ

オレンジの豪華な色合いから「華麗」という花言葉が与えられています。またその楽し気な様子から「愉快」という花言葉もあります。

ネガティブな花言葉としては「軽率」という意味もあります。「愉快」さも角度をかえてみると「軽率」にも見えるということでしょう。

ピンクの百合の花言葉

Photo by 阿橋花譜 KHQ Flower Guide

愛らしいピンクや赤色の百合の花言葉は「上品」とともに「虚栄心」「思わせぶり」というネガティブなものもあります。これはキリスト教に由来すると言われています。

キリストが処刑される時、他の花はみな悲しみで俯いていたのに百合だけが「下を向いていては美しさが見えない」と上を向きました。そしてキリストと目が合った時、百合は自分の虚栄心に気づき顔を赤らめたという説から来ています。

黄色の百合の花言葉

Photo by 阿橋花譜 KHQ Flower Guide

華やかに人目をを引く黄色の百合の花言葉はイメージにぴったりの「陽気」です。しかし反面ネガティブな花言葉も与えられています。

それは「偽り」「嘘」というものです。なぜこんな花言葉が与えられたのかというと「陽気」は時として無理に陽気さを装っているように見えることから「偽り」とつけられました。黄色は西洋では「裏切り」を表す色という印象か強いとも言われます。

怖い花言葉を持つ百合とは?

Photo by maru_star

怖い花言葉を持つ百合に黒百合があります。それは「呪い」「復讐」というものです。なぜ美しい百合にこんな怖い花言葉が付けられたのでしょうか。

その花言葉「呪い」の由来は戦国時代の武将佐々成政が側室の早百合という女性の不義を疑い殺してしまったことから始まります。

早百合は死の間際に「立山に黒百合の花が咲いたら佐々家は滅亡する」と不吉な呪いの言葉を残したと言われています。そこから黒百合は不吉な花と言われるようになりました。

黒百合の花言葉

Photo by kanonn

黒百合は高山地帯に咲きます。多くの伝説に彩られた神秘の花と言われます。花言葉にもポジティブなものとネガティブなものがあります。

それは「愛」という美しい花言葉と「呪い」「復讐」という怖い花言葉の両方をもっています。「愛」と「呪い」は背中合わせということでしょう。

不義を疑われ殺された女性の恨みが、黒百合の花が咲いた時自分を殺した相手の家は滅亡すると呪ったことから黒百合に不吉で怖い花言葉が付けられた由来でしょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事