ピンク系おすすめヘアカラー特集♡暗めな色などかわいい色がたくさん!

ピンク系おすすめヘアカラー特集♡暗めな色などかわいい色がたくさん!

最近、人気を集めているヘアカラー「ピンク」。ピンクはグラデーションや種類によって綺麗な色合いを出すことができ、ヘアカラーとして人気が高い色味です。派手なイメージのあるピンクですが、ブリーチ無しでもできるので挑戦しやすいヘアカラーです。

記事の目次

  1. 1.ピンク系のヘアカラーでおしゃれを楽しもう!
  2. 2.ピンク系ヘアカラーの種類
  3. 3.ピンク系ヘアカラー7選【ブリーチ無し・暗めのトーン】
  4. 4.ピンク系ヘアカラー5選【ブリーチ1回・中間のトーン】
  5. 5.ピンク系ヘアカラー5選【ブリーチ2回・明るめのトーン】
  6. 6.ピンク系ヘアカラー3選【アレンジ】
  7. 7.ピンク系ヘアカラーの色落ちを防ぐ市販アイテム
  8. 8.自分に似合うピンク系ヘアカラーで雰囲気を変えてみよう!

ピンク系のヘアカラーでおしゃれを楽しもう!

Photo byt_watanabe

最近、幅広い世代から注目を集めているヘアカラー「ピンク」。ピンクはブリーチやグラデーション次第で暗めの色から明るい色まで、それぞれ似合うトーンでヘアカラーを楽しむことができます。

今回はそんなピンク系のヘアカラーでおすすめの色合いをご紹介します。ブリーチやグラデーションをはじめ、市販で販売されているヘアカラーの種類もまとめてお伝えしていきます。

ピンク系ヘアカラーの種類

Photo byGromovataya

人気を集めているピンクのヘアカラーは、色合いによって印象がまったく変わります。ブリーチの回数によって暗めや明るめなど明るさも調整することができ、自分に合う色合いを探すのがおすすめです。

今回はそんなピンクのヘアカラーの種類をご紹介します。ヘアカラーの種類は多くあるので、わからない場合は美容師などプロの方に聞くのもおすすめです。代表的な種類をお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

種類①アッシュ系ピンク

初めてピンクのヘアカラーに挑戦する方におすすめの種類がアッシュ系のピンクです。アッシュは赤みを打ち消す青色として幅広い世代から人気のあるヘアカラーになり、ピンクとの相性も抜群です。

アッシュ系ピンクで、アッシュの比率を大きくすることで暗めのヘアカラーになります。そのため、ブリーチなしでも綺麗なピンクのヘアカラーに挑戦することができ、髪の毛を痛めたくない方にもおすすめです。

くすみを強く出したい方、ピンクのヘアカラーでも暗めで落ち着いた色合いを出したい方におすすめの種類です。アッシュ系ピンクは透明感、透け感も出るので大人っぽいヘアカラーになります。

種類②ベージュ系ピンク

ベージュ系ピンクの種類は「ピンクベージュ」とも呼ばれるほど知名度の高いヘアカラーです。ベージュは日本人の肌色とも相性がとても良いので、ピンクベージュは違和感なく馴染んでくれる種類でもあります。

ベージュ系ピンクはピンクの派手な色合いを和らげてくれるので、ブリーチの有無で印象がガラリと変わります。特に肌の白い方であればとても映えるヘアカラーなので、初めて挑戦したい方におすすめです。

ベージュ系ピンクは、コテで髪の毛を巻くだけで外国人のような髪型にも挑戦できます。ベージュだけでは単調なヘアカラーですが、ピンクの色合いが入るだけでいつもとはひと味違うヘアカラーを楽しめます。

種類③ブラウン系ピンク

ブラウン系ピンクの種類は、馴染みのある茶色のヘアカラーにピンクを足した色です。グラデーションなどどんなヘアスタイルにも似合うヘアカラーになり、女性の可愛いイメージを崩さないヘアカラーの種類です。

ブラウン系ピンクは色落ちがしやすいので、ブリーチせずに暗めの色から挑戦するのがおすすめです。ブラウン系ピンクは他の色と調合しやすいので、オレンジやパープルなどグラデーションを楽しめます。

ブリーチなしの暗めのトーンの場合は、ミステリアスな雰囲気を放ちます。一方、ブリーチありの明るめのトーンの場合は温厚な雰囲気が出ます。さまざまなヘアカラーに挑戦したい方におすすめの種類です。

髪のトーンを明るさ別に詳しく紹介!ヘアカラー前に見本をチェック!のイメージ
髪のトーンを明るさ別に詳しく紹介!ヘアカラー前に見本をチェック!
髪の明るさは印象を左右する大事な要素。出来れば失敗したくありません。そこでこの記事では髪色やトーンの印象などをご紹介します。ヘアカラーに失敗したくないという方はぜひ参考してもらい自信に合ったトーンを見つけておしゃれを楽しんでください。

ピンク系ヘアカラー7選【ブリーチ無し・暗めのトーン】

Photo bythisismyurl

ピンク系のヘアカラーは、ブリーチなしでもきれいに色を入れることができます。ブリーチなしなので暗めのトーンでピンクのヘアカラーに挑戦できます。髪の毛を痛める心配もなく、初めてピンクのヘアカラーにしたい方におすすめです。

今回はそんなピンク系のヘアカラーで、ブリーチなしの種類をご紹介していきます。暗めのトーンなので幅広い世代から人気を集めており、種類によってはグラデーションも楽しめます。

チェリーピンク

ブリーチなしでも挑戦できるピンク系ヘアカラーとして人気を集めているのが「チェリーピンク」です。ブリーチせずにチェリーピンクを利用する場合は、深みのある暗めのヘアカラーになります。

暗めの色合いですがまったく重みを感じさせないヘアカラーとなり、ピンクに赤や紫など色を混ぜることによってピンクのもつ特有の軽みを出すことができます。そのため、ロングヘアの方にもおすすめの種類です。

ブリーチなしでチェリーピンクのヘアカラーをする場合は、彩度を抑えることによってビジネスでも通用するカラーになります。また、ピンクではなく赤や紫を強く入れることで暗めのヘアカラーを演出できます。

チェリーピンクのヘアカラーは、色落ちするとオレンジが強めに出てきます。ウォーム感の強いヘアカラーとなるので、ショートボブや丸みのあるヘアスタイルの方にもおすすめです。

チェリーピンクのヘアカラーを入れる場合は、髪の毛に動きを見せるのがおすすめです。そのため、コテで巻いたり、ヘアアレンジを加えるようにしましょう。ブリーチなしなので、髪の毛のダメージも少ないです。

ベイビーピンク

ベイビーピンクはベージュ系ピンクのヘアカラーになり、ブリーチなしでも綺麗なピンクを出せることで人気があります。光に当たらなくてもピンクの色味を出すことができ、グラデーションにもおすすめです。

ブリーチなしのベイビーピンクは軽めの印象があり、上品で大人の髪型を演出できます。また、ピンクのヘアカラーに初めて挑戦する方も馴染みやすい色合いなので、幅広い世代から人気があります。

ベイビーピンクにハイライトを入れるだけで遊び心を感じられるので、飽きずにさまざまなグラデーションで楽しめるヘアカラーです。ワックスでウェット感を出せば、動きのある女性らしい髪型になります。

ピンクブラウン

ピンク系のヘアカラーで、暗めですがしっかりとピンクの色合いを楽しめる種類です。ブラウン系ピンクにアッシュをプラスすることで日本人の肌に馴染みやすいカラーとなり、おしゃれ上級者のヘアカラーになります。

人生で初めてのヘアカラーでも、ブリーチなしでしっかりと色を入れることができます。暗めのトーンですが重みを感じるわけではなく、光に当たることによって透明度が増します。

ブラウン系ピンクでも落ち着きすぎているわけではないので、少し派手なメイクでも相性抜群です。ピンクブラウンは色落ちするとピンクの色素が先に抜けてしまうので、頻繁にヘアカラーを行うのがおすすめです。

市販のヘアカラーで繋いでいる方もいますが、色の調合によって印象が変わってしまうので、なるべく美容院で染めるのがおすすめです。夏の強い日差しでも、透明感のある女性らしいヘアカラーです。

ブリーチもせず、透明感もあるので髪へのダメージが少ないです。個人差がなくしっかりと馴染んでくれるので、ピンク系のヘアカラーに初めて挑戦する方にもおすすめです。

レッドピンク

レッドピンクは、先ほど紹介したチェリーピンクよりも赤色が強いヘアカラーです。赤色が強いので暗めのトーンとなり、ほんのりとピンクを残しています。落ち着いた印象を与えたい方におすすめです。

レッドピンクは日本人の肌色と馴染みやすいヘアカラーになり、色も加えやすいのでグラデーションとしても人気があります。ピンクは可愛い印象を与えるので、少しモダンな印象を与えたい方はレッドピンクがちょうど良いでしょう。

レッドピンクに紫を加えることでピンクの色合いが強く出て、くすみもでます。また、ブリーチをしたことのない方でも入りやすいヘアカラーなので、初めてのヘアカラーの方にもおすすめです。

ピンクバイオレット

ピンク系のヘアカラーとして、グラデーションしやすいヘアカラーとして人気のある「ピンクバイオレット」。バイオレットカラーはピンク系と相性も良く、ブリーチなしで利用したい方の鉄板カラーです。

ピンクバイオレットは配合率や色の組み合わせによってヘアカラーも変わるので、毎回違う色合いを楽しむことができます。髪に透け感を与えることができ、傷んでいる髪の毛もきれいに見せることができます。

ピンクバイオレットは基本的にピンクの色が少なく、バイオレットの色が多いです。そのため、自分に合う配色を少しずつ変えていくのがおすすめです。暗めの場合はバイオレットを多めに入れましょう。

ナチュラルピンクベージュ

ピンク系のヘアカラーの中でも、暗めのトーンでビジネスワーカーの方におすすめの種類です。日本人に馴染みの良いベージュがベースとなっており、深みのあるピンクなので暗めのトーンでも透明感があります。

室内ではベージュの色合いが目立つので、ビジネスワーカーでも安心して染めることができます。ナチュラルピンクベージュは市販では出ない色なので、直接美容院で染めるようにしましょう。

とても上品なヘアカラーなので、落ち着いた女性らしい印象を与えることができます。髪の動きと光の当たり具合によって印象が変わってしまうので、さまざまなヘアアレンジを楽しめます。

ピンクグレー

暗めのヘアカラーでも、柔らかい印象を与えてくれる「ピンクグレー」。ピンクグレーはピンクグレージュやピンクアッシュなどと呼ばれ、カラーの比率だけで明るいトーンにもできます。

ピンクグレーの最大の特徴は、観る角度によってグレーやピンクの色が変わります。暖色カラーですが透け感がプラスされるので、大人っぽい印象を与えます。おしゃれな女性に人気の種類です。

ピンクの比率を強くすれば柔らかい女性の印象が強く、グレーの比率を強くすれば透明感のあるミステリアスな印象が強くなります。黒髪では重たい印象も、ピンクグレーであれば軽めの印象になります。

ピンクアッシュのヘアカラーで可愛さUP♡おすすめヘアアレンジまとめ!のイメージ
ピンクアッシュのヘアカラーで可愛さUP♡おすすめヘアアレンジまとめ!
今注目されているおしゃれなヘアカラーのピンクアッシュにしたことはありますか?ピンクだと可愛すぎると髪色をアッシュを加えることによって、一気に垢ぬけた雰囲気にしています。そこでこの記事ではピンクアッシュのヘアカラーの特徴や可愛いヘアアレンジをご紹介します。

ピンク系ヘアカラー5選【ブリーチ1回・中間のトーン】

Photo byMatlachu

ピンク系のヘアカラーは、ブリーチを1度するだけでピンクの色合いを強く出すことができます。ブリーチを1回することでピンク系の明るいトーンでもすぐに入れることができるので人気があります。

今回はそんなピンク系のヘアカラーでブリーチを1回行った中間のトーンをご紹介します。普段から明るいトーンのヘアカラーを好んで使用している方におすすめのヘアカラーになります。

ピンクオレンジ

ピンク系のヘアカラーで、韓国アイドルのような可愛い色合いが「ピンクオレンジ」です。ピンクオレンジはブラウンではなく、オレンジをベースとしているので明るいイメージのあるヘアカラーです。

オレンジならではの元気さを印象付けることができ、紫とピンクの配合が特徴的です。オレンジのみの場合は奇抜なイメージがありますが、柔らかいピンクを入れることでマイルドになります。

ピンクオレンジはブリーチならではの色が出せるので、1度はブリーチする必要があります。肌が黄色のアジア人におすすめのヘアカラーなので、ぜひ1度試してみてください。

ミルキーピンク

ピンク系のヘアカラーで、夏の時期にぴったりの種類です。ミルキーピンクは1度ブリーチする必要があり、くすみのあるピンクを入れることで透明感がでます。ストレートヘアでもピンクならではの発色を楽しめます。

ミルキーピンクにはラベンダー寄りのピンクと、ミルキーと呼ばれる乳白色のような色をしたヘアカラーを配合しています。ミルキーを多く配合することで白の要素が多くなり、青い空や青い海によく映えます。

ミルキーピンクはピンク色だけでなく、ラベンダーが配合されているので色落ちしても紫が出るので汚くなりにくいです。そのため、ショートヘア、ロングヘアともに人気のあるカラーヘアです。

ピンク系のカラーヘアでも、派手な印象のあるミルキーピンクですが、奥行きを感じられるのが特徴的です。立体感のある髪色にしてくれるので、大人っぽさを求めている方にもおすすめです。

ミルキーピンクはストレートヘアでもおすすめですが、ワックスやコテを使って巻くのもおすすめです。より立体感が出るので、女性らしいシルエットを作り出すことができます。

ピンキーベージュ

ピンク系カラーヘアの中でも、お人形のような鮮やかな色合いを楽しめるのが「ピンキーベージュ」です。ピンキーベージュはベージュとオレンジも調合され、ブリーチしたからこそ出せる色合いです。

ピンキーベージュは日本人にも馴染みやすい色合いで、派手ですが色が浮きにくいのも特徴的です。シックやモノトーンの服装にもとても合うカラーヘアになり、温かみのある印象を与えてくれます。

グラデーションなども楽しめますが、色落ちが早いカラーヘアでもあります。そのため、ピンキーベージュを行う場合はヘアケアが欠かせません。市販で販売されているヘアケア用品を揃えておきましょう。

ラベンダーピンク

ピンク系のカラーヘアで、暗めのトーンでもしっかりとピンクの色を出したい方におすすめなのが「ラベンダーピンク」です。ラベンダーピンクはブリーチをすることにより、室内でもしっかりと発色してくれます。

ラベンダーピンクは濃いめのラベンダー色に、鮮やかなピンクを配合したヘアカラーです。大人の女性でも挑戦しやすい色合いとなっており、色持ちも良いので綺麗な髪の毛をキープすることができます。

ラベンダーピンクでもう少し色を明るくしたい方は、ピンクのハイライトを調合するのがおすすめです。ブリーチしているヘアカラーですが清楚感があり、ナチュラルメイクにもおすすめです。

モーブピンクベージュ

ピンク系のヘアカラーでも珍しい種類が「 モーブピンクベージュ」です。モーブとはアッシュ系の紫色になり、アッシュでも青みを抑えていることが特徴的です。そのため、繊細な抜け感や清楚感を演出できます。

モーブピンクベージュはグラデーションとしてもおすすめのヘアカラーになり、紫を使っているので色持ちがとても良いです。ブリーチ1回、そしてベージュを組み合わせることもできます。

モーブは絶妙な色合いなので、デザイン性が良く、おしゃれに仕上げることができます。モーブは大人っぽく、ピンクは可愛らしさを演出しており、女性の魅力を最大限引き出すことができます。

ピンク系ヘアカラー5選【ブリーチ2回・明るめのトーン】

Photo byfotografierende

ピンクのより原色に近い色を出したい方は、ブリーチを2回行ってからピンク系のヘアカラーを入れるのがおすすめです。ブリーチを2回すると彩度も上がり、ピンク特有の淡い色も強めに発色できます。

今回はそんなピンク系のヘアカラーで、ブリーチを2回行った場合のおすすめの色をご紹介します。ブリーチはどうしても髪へのダメージが強いので、美容師と相談しながら行うのがおすすめです。

ミルキーラベンダーピンク

ミルキーラベンダーピンクは、まるでイチゴ練乳のような可愛い髪型に挑戦できるヘアカラーです。ミルキーラベンダーピンクはピンク系のヘアカラーに、ミルキーと紫が入ることにより、より一層透明度があがります。

ブリーチを2回することによって、色素の薄いピンクになります。夏の時期におすすめのヘアカラーでもあり、色落ちしてもミルキーベージュとおしゃれな色合いです。

ピンクの調合を薄くすれば、ラベンダーの濃い色がでます。そのため、少し違ったヘアカラーを楽しめるので飽きずにピンク系に挑戦することができます。

ホワイトピンクベージュ

ピンク系のカラーヘアの中でも、2回ブリーチすることで出せる色合いが「ホワイトピンクベージュ」です。ホワイトピンクベージュは透明度がとても高く、派手すぎない上品な色合いが人気を集めています。

ブリーチすることによって表現できるホワイトの色合いを最大限引き出しており、赤みやオレンジの色を抑えてくれる効果もあります。ベージュも配合されているので、馴染みやすいカラーヘアです。

ホワイトピンクベージュは外国人のような透明度が高く、美しい色のヘアカラーです。色浮きする心配もなく、ホワイトが美髪に見せてくれます。

ホワイトピンクベージュにアッシュが使用されていないので、立体感は少し足りません。そのため、ワックスやコテを使って髪の毛に躍動感を出すのがおすすめです。ホワイトピンクベージュに染めたあと、パーマをかける方もいます。

スモーキーピンク

スモーキーピンクは、ブリーチを2回、3回行ってやっと出せるヘアカラーです。くすみであるスモーキーとピンクを配合したヘアカラーになり、明るい色合いですがどこか落ち着いた印象も与えてくれます。

ピンクの原色は上品さに欠けてしまいますが、スモーキーを調合することによって一気に上品な大人のヘアカラーになります。ピンクを強めに配合することによって、ピンク本来の発色を楽しめます。

ヘアカラーをスモーキーピンクにする場合は、メイクもくすみのある色を使うのがおすすめです。メイクで原色や発色の良い色を使ってしまうと浮いてしまうので注意しましょう。

ピンクパープル

ピンク系のヘアカラーの中でも、大人っぽい雰囲気を出せるのが「ピンクパープル」。ピンクパープルはピンク系の中でもセクシーな印象を与え、大人の女性も挑戦しやすいヘアカラーです。

白い肌にはもちろん、日本人の黄色い肌にも合わせやすいヘアカラーです。ブリーチなしのピンクパープルはビジネスワーカーにもおすすめのヘアカラーになり、ブリーチを入れるとミステリアスな雰囲気になります。

紫を使っているので色落ち後のヘアカラーもきれいに保つことができます。ブリーチで傷んでしまっても、ピンクパープルはツヤのある髪の毛になるので、ロングヘアの方にもおすすめです。

シアーピンクミルクティー

ピンク系のヘアカラーで、外国人のような色素の薄い色合いで人気あるのが「シアーピンクミルクティー」です。シアーピンクミルクティーは髪の量が多く、重たく見えてしまう方にもおすすめです。

シアーピンクミルクティーは柔らかい毛質を演出することができ、透明感と柔らかさがあります。グラデーションとしても人気のあるヘアカラーで、ミルクティーのようなまろやかな色合いが特徴的です。

シアーピンクミルクティーはベージュも調合されているので、色落ちすると金髪になってしまいます。そのため、市販のカラーシャンプーを使ったり、バスアイテムなどでケアしていくのがおすすめです。

ピンク系ヘアカラー3選【アレンジ】

Photo bynastya_gepp

髪全体をピンク系のヘアカラーで染めるのに抵抗がある方は、アレンジでピンクカラーを取り入れるのがおすすめです。グラデーションやハイライトにすることでよりおしゃれな髪型になります。

今回はそんなピンク系のヘアカラーを使用したアレンジヘアスタイルをご紹介します。ピンク系はアレンジとしてもとても使いやすいので、さまざまな髪型に挑戦することができます。

グラデーションカラースタイル

ピンク系のヘアカラーで人気のあるアレンジが、グラデーションカラースタイルです。ピンク系のヘアカラーはさまざまな色と合わせることができるので、グラデーションとして人気があります。

グラデーションカラーであればケアも簡単で、普段の印象を大きく変えずに髪の毛に動きを見せることができます。また、グラデーションカラーでトップを暗めにすることで、プリンを目立たなくさせてくれます。

グラデーションカラーでピンク系のヘアカラーを入れる場合は、毛先だけブリーチをかけて入れられるので、髪へのダメージを減らすことができます。また、ピンクの印象が強くなるのでおすすめです。

グラデーションのピンク部分にアッシュを入れることで、全体の色合いにしっかりと馴染んでくれます。グラデーションカラーは美容師と一緒に色の組み合わせを選ぶのがおすすめです。

ハイライトスタイル

髪の毛に動きを出したい、立体感を出したい方におすすめなのがハイライトスタイルです。ベースとなっている髪色よりも明るいヘアカラーを入れ、動きを出すのがハイライトスタイルといいます。

ハイライトスタイルでは、このハイライト部分をピンク系のヘアカラーにする方が多いです。また、ピンクベースの暗めのヘアカラーに、ブリーチをかけた明るいピンク色を入れる方も多いです。

入れる色合いによって大人っぽくなったり、可愛らしさをだせるのでハイライトスタイルは人気があります。毛量の多い方や、ロングヘアの方におすすめです。

インナーカラースタイル

ヘアカラーでおしゃれスタイルの定番でもある「インナーカラースタイル」。インナーカラースタイルはその名の通り、髪の毛の内側と外側で違う色に染め、内側を明るくするスタイルです。

横髪を耳にかけたときや、風で髪の毛がなびいたときに見えるおしゃれなヘアカラーです。ショートヘア、ロングヘアどちらでも利用することができ、アレンジ次第でさまざまな見せ方を楽しめます。

インナーカラーを目立たせたい方は、外側の髪を黒やアッシュなど暗い色にするのがおすすめです。ピンクでもブリーチをかけて明るくすることで、より一層目立たせることができます。

グラデーションヘアで髪をおしゃれに!おすすめのヘアカラーやアレンジを紹介!のイメージ
グラデーションヘアで髪をおしゃれに!おすすめのヘアカラーやアレンジを紹介!
髪のグラデーションは気になるけれど、自分にはできないと感じていませんか?実は自分でセルフカラーすることもできるので、グラデーションは本当に人気のヘアカラーなのです。この記事ではそんな髪のグラデーションのおすすめのヘアカラーやアレンジを紹介していきます。

ピンク系ヘアカラーの色落ちを防ぐ市販アイテム

Photo byjonas-svidras

ヘアカラーの最大のデメリットは色落ちです。ピンク系に限らずヘアカラーは髪のダメージによって色落ちが発生します。色落ちすることで、本来の髪の色とは違った色になってしまいます。

今回はそんな髪のダメージからくる色落ちを防いでくれる市販アイテムをご紹介します。市販なので美容院に通わなくてもヘアケアを行うことができ、綺麗なピンクのヘアカラーを保つことができます。

①N. カラーシャンプー(ピンク)

市販のカラーシャンプーの中で、最も人気を集めているのが「N. カラーシャンプー」です。N. カラーシャンプーは天然由来成分を多く含んでおり、髪の毛にツヤと水分を与えてくれます。

ピンクのヘアカラー専用のカラーシャンプーも販売され、色落ちせずにヘアカラー効果を持続させてくれます。ハイトーンの場合は、市販のカラーシャンプーでわずかなカラーリングも楽しめます。

市販のシャンプーにはティントロックポリマーを採用しているので、抜け出てしまう色素を抑えてくれます。シャンプーするだけでヘアケアの役目も果たせるので人気があります。

②ロイド カラーシャンプー(ピンク)

市販で人気のあるロイド カラーシャンプーは、雑誌にも紹介されるほど有名な商品です。ロイド カラーシャンプーはサロンでの専用商品ですが、最近ではAmazonやドン・キホーテでも購入することができます。

ロイド カラーシャンプーは他の市販カラーシャンプーとは違って、加色することを目的とした珍しいタイプのカラーシャンプーです。そのため、ピンク系のヘアカラーでも色の調整ができます。

淡いピンク色にしたい場合は通常のシャンプーにロイド カラーシャンプーを混ぜましょう。逆に濃いピンク色にしたい場合はロイド カラーシャンプーのみを使用するのがおすすめです。

市販のロイド カラーシャンプーは、使う量によって色合いを調整できるので、自分好みのヘアカラーを出すことができます。また、色は5色から選べるので、自分で配合して使うことも可能です。

市販されているカラーシャンプーでもしっかりと色を出せるので、使い過ぎには注意が必要です。そのため、少しずつ量を増やしながら色の出方や自分の髪の毛との相性をみておきましょう。

③エンシェールズ カラーシャンプー(ホットピンク)

市販のエンシェールズ カラーシャンプーは、カラーシャンプーの定番アイテムです。ピンクをはじめお気に入りのヘアカラーを持続させ、さらには色を加えることができます。

市販では「ホットピンク」と記載がありますが、赤色も配合されているので赤く染めている方も使用することができます。ブリーチをしている方はピンク色が入りやすいので、量を調整しましょう。

市販のエンシェールズ カラーシャンプーは、1度使うと1週間は色を持続させることができます。市販のカラーシャンプーの中では口コミ評価も高く、美容院よりもきれいに染まったとの評価もあります。

セルフ髪染め派必見!市販でおすすめのヘアカラーをランキングで紹介!のイメージ
セルフ髪染め派必見!市販でおすすめのヘアカラーをランキングで紹介!
セルフ髪染めにおすすめの市販ヘアカラーをランキング形式でご紹介します。セルフ髪染めの方法やポイントなども併せてご紹介しますので、セルフ髪染め派の方だけでなく、まだセルフ髪染めをしたことがない初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

自分に似合うピンク系ヘアカラーで雰囲気を変えてみよう!

Photo by Karol_Kaepstick

最近、おしゃれだと人気を集めているヘアカラー「ピンク」。ピンク系のヘアカラーはさまざまな種類があり、色の組み合わせによって自分だけの色を出すことができます。

市販のヘアカラーシャンプーでもヘアケアや色を入れることができ、幅広い世代から人気を集めているヘアカラーです。ぜひ、ピンク系のヘアカラーに挑戦したい方はこの記事を参考にしてみてください。

mdn
ライター

mdn

海が大好きで、一眼レフ片手に散歩するのが日課です。皆様に便利で役立つ情報をお伝えしていけるよう、一生懸命頑張ります。

関連するまとめ

人気の記事