リビングにベッドを置く生活のメリットは?おしゃれな配置や仕切りのコツも!

リビングにベッドを置く生活のメリットは?おしゃれな配置や仕切りのコツも!

ホテルのように配置するリビングベッドルームという使い方が注目されていることをご存知でしょうか。またワンルームの場合は必然的にリビングにベッドを置くという形になります。そこで今回はリビングにベッドを置くメリットや、おしゃれな配置をご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.リビングにベッドを置くのが流行中?
  2. 2.リビングにベッドを置くメリット
  3. 3.リビングにベッドを置くときのポイント
  4. 4.リビングにベッドを置くときのレイアウト例
  5. 5.リビングに置けるおすすめのベッド
  6. 6.リビング・ベッドでおしゃれな空間を作ろう

リビングにベッドを置くのが流行中?

Photo byijmaki

通常2LDK以上ある家の間取りを考えた時、ベッドを置いて寝室を用意するのが一般的ですが、最近注目されているのがホテルライクな生活を送れるリビングにベッドを置くというレイアウトです。

部屋が潤沢にある家であれば眠るだけのための部屋を作ることは良いですし、ベッドが生活する場と同じだと眠れないという方もいるかもしれません。しかし部屋をホテルのような空間にしたいと憧れる人も増えるのに伴い、リビングにベッドを配置したいと考える方も増えているのです。

そんな方のために、今回の記事ではリビングにベッドを置く場合のメリット・ポイント、お洒落な配置をご説明するとともに、具体的なレイアウト例やおすすめのベッドも併せてご紹介していきますのでリビングにベッドを置くことを考えている方は是非参考にしてみてください。

リビングにベッドを置くメリット

フリー写真素材ぱくたそ

リビングにベッドを置くというレイアウトは難しく感じられ、どのようにベッドを配置したらよいか迷ってしまうかもしれません。

しかし、リビングにベッドを置くと様々なメリットも生まれるのです。こちらでは「スペースを有効活用できる」「ホテルライクなおしゃれな雰囲気になる」という点に注目して、リビングにベッドを置くメリットについて詳しくお伝えしていきます。

限られたスペースを活用できる

Photo by Crawford Brian

例えば夫婦二人暮らしで1LDKの部屋に住んでいる場合、LDK以外のもう一つの部屋を寝室にしてしまうとそれだけで居住空間は一杯になってしまいます。もしリビングにベッドを置くことができれば、もう一つの部屋は荷物を置くのに使ったり趣味の部屋にしたりと用途が広がります。

またワンルームの場合はリビング空間にベッドを置くしかありませんが、ベッドの配置や仕切りに工夫を凝らし、おしゃれなお部屋で広々と生活している方もたくさんいます。リビングにベッドを置くというレイアウトは、限られたスペースを有効活用できるというメリットがあるのです。

ホテル風のおしゃれな雰囲気になる

Photo byStockSnap

ホテルに宿泊した際に多くの人は、リラックス効果を感じるのではないでしょうか。それには非日常を味わっているからということもありますが、ホテルの部屋が「寛ぎ」を重視してレイアウトされているからかもしれません。

Photo byManuelaJaeger

整えられた空間でベッドに横たわりながらテレビを見たり読書をしたりするのは至福の時であり、心から寛ぎを感じてリラックスできるものです。

自宅でもリビングにベッドを置いてみれば、ホテルのようにおしゃれな寛げる空間になるはずです。より素敵な空間にするためには、ベッドの配置・レイアウトや仕切りが重要になってきます。

リビングにベッドを置くときのポイント

Photo by Joshua Rappeneker

上記の項ではリビングにベッドを配置するレイアウトのメリットについてお伝えしましたが、こちらではリビングにベッドを置く際に気を付けたいポイントについてご説明していきます。「ベッドのデザインの重要性」「仕切りに気を配る」という二つのポイントに絞って見ていきましょう。

ベッドのデザインが重要

リビングにベッドを配置する場合には、ベッドそのもののデザイン性が重要なポイントとなってきます。リビングにベッドを配置した場合、来客があればベッドは必ず目に入ってしまうので、ゲストが素敵だと思ってくれるようなリビングに合った違和感のないデザイン性の高いベッドが◎。

リビングに置いても違和感のないタイプの代表的な例としてはソファーベッドがあげられますが、他にもおしゃれなベッドが色々あるので後程詳しくご紹介します。リビングにぴったりと合うデザインのベッドを見つけて、リビングにベッドを配置するレイアウトのメリットを感じて下さい。

仕切りに気を配る

リビングにベッドを配置するレイアウトで次に重要になってくるポイントは、仕切りに気を配るということです。ベッドが主役になるようなレイアウトの場合は仕切りがなくても構いませんが、ワンルームの場合などは仕切りを上手に使うことがおしゃれに見せるポイントとなってきます。

大きなリビングルームに仕切りをレイアウトする場合は、ベッド回りにパーテーションを配置するとおしゃれになりつつベッドも程よく隠すことが出来るのでおすすめです。また、天蓋付きのベッドを配置すれば雰囲気も素敵になり、気になる時にはカーテンを閉めれば壁のようにもなります。

リビングにベッドを置くときのレイアウト例

Photo bymanbob86

スペースを有効活用したい・ホテルライクに憧れてとリビングにベッドを配置するメリットを感じて、いざレイアウトしたいと思っても具体的にどのようにして良いのか分からないという方も多いかもしれません。

そこで、こちらではリビングにベッドを置くときの具体的なレイアウト例をあげながら、「おすすめの配置」「おすすめの仕切り方」についてお話ししていきます。

おすすめの配置

次へ

関連するまとめ

人気の記事