自作キャットウォークをDIYで作ろう!簡単でおしゃれな作り方などを紹介!

自作キャットウォークをDIYで作ろう!簡単でおしゃれな作り方などを紹介!

わがままで自由奔放でキュートな仕草など、猫と暮らすとその魅力にメロメロになってしまいます。そんな猫の為にキャットウォークをDIYで自作しましょう。基本お家の中で過ごす事が多い飼い猫のために、楽しく遊べるキャットウォークを自作DIY方法をお教えいたします。

記事の目次

  1. 1.自作キャットウォークをDIYしたい!
  2. 2.自作キャットウォークをDIYするための作り方
  3. 3.自作キャットウォークをDIYするときの注意点
  4. 4.自作キャットウォークをDIYするおしゃれなアイデア
  5. 5.自作キャットウォークをDIYして猫と遊ぼう!

自作キャットウォークをDIYしたい!

フリー写真素材ぱくたそ

仕事に行ってる間、出掛けてる間、お留守番をしている猫ちゃんが寂しさやつまらなさを感じていたら、飼い主としては切ない気持ちになります。

そんな不安な気持ちを追い払うためにも、可愛い猫ちゃんのためにDIYで、キャットウォークを作れたらきっと猫ちゃんも喜びます、そして飼い主も幸せな気持ちになれます。

賃貸でキャットウォークをDIYしよう!初心者向けの簡単なアイデアや注意点も!のイメージ
賃貸でキャットウォークをDIYしよう!初心者向けの簡単なアイデアや注意点も!
賃貸物件でも設置することができるキャットウォークについてご紹介します。DIY初心者でも簡単にトライすることができるキャットウォークなので、気軽に設置できます。何かとストレスが溜まる愛猫のために、賃貸物件でもキャットウォークを設置してあげましょう。

自作キャットウォークをDIYするための作り方

フリー写真素材ぱくたそ

キャットウォークは業者に頼む事も可能ですが、デメリットもあります。まずお金がかかります、数万円〜10万円以上かかるのが一般的です。

もうひとつは猫が気にいってくれるかわからない事、いくら丁寧に説明しても業者さんに上手く伝わらなかったりして、猫の好みに仕上がらない可能性もあります。

イメージを膨らませる

フリー写真素材ぱくたそ

まず飼い猫の猫ちゃんが、どんなキャットウォークを作ったら遊んでくれるか、想像してみましょう。自分がどんなキャットウォークで遊んで欲しいか、などでも大丈夫です。

コンパクトなキャットウォークにするのか、お家全体を使ってダイナミックなキャットウォークにするのか、何色にするのか、使う素材は木にするのか、アクリルにするのか、発想次第でいろいろイメージが湧いてきます。

設計図を描く

Photo bycoffeebeanworks

まず、設計図を描きます、キャットウォークを設置する場所をどこにするか、普段の猫ちゃんの動線を考えて、またトイレの配置も考えながら、掃除のしやすいように人の手の届く高さにするのも重要です。もし壊れてしまっても、すぐ交換出来る場所、高さに作るのがおすすめです。

材料を集める

Photo byPublicDomainPictures

キャットウォークに使う材料は、木材や厚みのあるアクリル版などがあります。猫の体重を支えられるように、丈夫で厚みのあるものを選びましょう。

それ以外では、市販のウォールシェルフを使うと材料をカットする手間が省けるので簡単で初心者の方にもおすすめです。

組み立てる

Photo byAlexas_Fotos

材料が揃ったら、組み立てに入ります。柱となるツーバイフォー材、それを取り付けるためのディアウォール、棚板を設置するためのガチャ柱といわれる棚柱、棚板となる木材が必要です。

あと、木材の表面を整えるためにヤスリやオイル、ペイント材が必要で、組み立てる前に木材を整えておきます。道具は電動ドライバー、のこぎり、メジャーが必要です。

自作キャットウォークをDIYするときの注意点

Photo by haru__q

キャットウォークを自作するにあたり注意することは、キャットウォークの足場の強度は万全にする事、猫が走らない長さにする事、キャットウォークの下には物を置かないようにする事。

手入れのできる高さに作る、階段は楽にジャンプできる距離にする、出入口は2つ以上作る方がいい、脱走対策も抜かりなくします。

足場の強度に妥協しない

フリー写真素材ぱくたそ

キャットウォークをDIYする上で一番気を付けなければいけないのが、足場の強度です、特に高い所から着地する所には、猫の体重よりも大きな負荷がかかるので、余裕を持って考えておくのがおすすめです。

また、足場の幅にも注意が必要です。1匹なら20センチほど、複数いるならすれ違うことも考えて、25〜30センチほどあれば大丈夫です。

長すぎるキャットウォークは避ける

フリー写真素材ぱくたそ

キャットウォークに長い直線があると猫は、走りたくなってしまいます。高いところで走って転落してしまったら危ないです。

猫が走ると足場に負荷がかかって危険なので、猫が走れない距離でキャットウォークを作る事が大切です。高い所の足場には、転落防止のため滑り止めを付けてあげるとより安心です。

高すぎるキャットウォークは避ける

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事