息女とはどういう意味?読み方や使い方・「ご令嬢」との違いも解説!

息女とはどういう意味?読み方や使い方・「ご令嬢」との違いも解説!

「息女」といった言葉の使い方はあまりしません。しかし、「息女」にひらがなの「ご」を付けた「ご息女」といった使い方は手紙や挨拶などで見たり聞いたりします。「息女」の意味・使い方・読み方など「息女」に関することを詳しく説明をしていきます。

記事の目次

  1. 1.「息女」の意味とは
  2. 2.「息女」の読み方
  3. 3.「息女」の対義語
  4. 4.「息女」の敬語での使い方
  5. 5.「息女」の例文
  6. 6.「息女」とご令嬢の違い
  7. 7.「息女」は身分の高い人の娘のこと

「息女」の意味とは

Photo byBob_Dmyt

「息女」とはあまり耳にしない言葉です。また「息女」といった使い方もあまりしません。「息女」とはどんな意味があるのでしょうか。また「息女」の読み方、正しい使い方などがわからない人もいるのではないでしょうか。

そんな人たちのために「息女」の意味・使い方・読み方を説明していきます。さらに「息女」と反対の意味になる対義語とはどんな言葉になるのでしょうか。

また「息女」を敬語で表現するとどんな言葉になるのかなど「息女」にスポットをあてて「息女」の言葉の意味をよく理解して正しい使い方ができるように説明をしていきます。

意味:身分の高い人の娘

Photo by pedrosimoes7

「息女」の言葉の意味には身分の高い人の娘といったイメージを強く受けます。しかし、「息女」の意味は身分の高い人の娘の呼び方ではありません。

「息女」とは自分の娘以外の他人の娘さんを呼ぶ時の敬語とした使い方をする言葉になります。つまり「息女」とは他人の娘さんを敬った使い方をするのが正しい使い方です。

そして「息女」の意味になります。「息女」とは他人の娘さんの呼ぶ方の敬語になるため、他人の娘さんでも同僚や親しい知人には使わないのが一般的です。

そのため「息女」とは上司・先輩、ビジネスで言えば会社の取引先の人の娘さんを敬った使い方をするのが正しい使い方です。「息女」とは自分より目上の人に使うのが正しい使い方であることを覚えておきましょう。

「息女」の読み方

「息女」の意味を説明してきました。「息女」とは「お子さま」といった意味が含まれています。親しい友人・知人に「息女」を使うことは悪いことではありません。

しかし、「お子さま」といった意味を含んでいる「息女」とは堅苦しいイメージになる言葉です。そのため「息女」は親しい友人・知人に使った場合は何だかよそよそしいなあといった感情が持たれることになります。

親しい友人・知人にそのような感情を持たれないためにも「息女」は親しい友人・知人に使わないようにしましょう。

読み方:そくじょ

「息女」とは(そくじょ)といった読み方をします。「息女」の「息」にはさまざまな意味読み方があります。「息」とは(いき)といった読み方があり、 息が吸う・息が長い・息を入れる・息を抜くといった使い方があります。

また「息」には(そく)といった読み方があります。「息」を(そく)の読み方をした場合は「むすこ」の意味になります。また「息」には男の子、他人の子といった意味も含まれます。

「息女」の対義語

「息女」と反対の意味を持っている対義語とはどんな言葉になるのでしょうか。「息女」の対義語について説明をします。「息女」と反対の意味を持っている対義語とは「子息」(しそく)といった読み方をする言葉があります。

また「息女」と反対の意味を持っている対義語とは「息男」(そくなん)といった読み方をする言葉があります。

さらに「息女」と反対の意味を持っている対義語には「坊っちゃん」「息子」「坊主」などがあります。さらに「小僮」(しょうどう)といった読み方の言葉もあります。またご令郎(れいろう)といった読み方をする言葉もあります。

子息

「息女」と反対の意味を持っている対義語には「子息」があります。「子息」には他人の息子つまり他人の男の子、男児、男子といった意味があります。

他人の娘さんつまり女の子を敬語の呼び方をする「息女」とは反対の意味になるので「息女」と反対の意味を持っている対義語といえます。

「子息」を英語で表現すると「son」「young man」「young people」といった英語の単語を使います。

息男

「息女」と反対の意味を持っている対義語には「息男」があります。「息男」には他人の息子と自分の息子の両方の呼び方として使える言葉の意味があります。

他人の娘さんのことしか使うことができない「息女」とは反対の意味になるため「息女」の対義語といえます。息男を英語で表現すると「son」「boy」といった英語の単語を使います。

坊っちゃん

「息女」と反対の意味を持っている対義語には「坊っちゃん」があります。「坊っちゃん」は他人の息子さんや男子を敬って使うことばです。

他人の子供を呼ぶことには変わりはないのですがが、男の子、女の子との違いがあり「息女」と反対の意味を持っている対義語といえます。

「坊っちゃん」には裕福な家の男の子といったイメージを受ける言葉です。しかし、裕福な家の男の子といったイメージはありますが、裕福でない男の子も「坊っちゃん」といった呼び方がします。

「坊っちゃん」の英語の表現は「息男」の英語表現と同じように「son」「boy」といった英語の単語を使います。

息子

「息女」と反対の意味を持っている対義語には「息子」があります。「息子」とは自分の子供で、男の子のことを指します。他人の娘さんを呼ぶ「息子」とは反対の意味になるため「息女」と反対の意味を持っている対義語といえます。

我が家の理想の息子といった使い方をします。「息子」の英語表現は「son」の単語を使います。そして(我が家の理想の息子)を英語で表現すると「Son of my home ideal」になります。

坊主

「息女」と反対の意味を持っている対義語には「坊主」があります。「坊主」は少し乱暴な言い方を受ける言葉です。「坊主」は宗教的なイメージを受ける言葉です。また「坊主」には個性的な男の子をイメージします。

「坊主」は自分の息子を乱暴に表現する言葉です。また「坊主」は他人の男の子を親しみを込めた呼び方になります。そのため「息女」と反対の意味を持っている対義語といえます。

「坊主」の英語表現は「息子」の英語表現と同じ「son」の単語を使います。また「male child」といった単語の使い方もあります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事