大和言葉とは?美しい単語や表現・言い換えの例文を詳しく紹介!

大和言葉とは?美しい単語や表現・言い換えの例文を詳しく紹介!

美しい日本語の代表にあげられることが多い「大和言葉」にはどのような特徴があるのか、大和言葉でない表現とはどのように違うのかを解説します。また、大和言葉の美しい響きが感じられる言葉を、日常、ビジネス、名付け、季節の情景の各シーンで一覧にまとめました。

記事の目次

  1. 1.大和言葉とは?
  2. 2.大和言葉の特徴
  3. 3.大和言葉の一覧【日常】
  4. 4.大和言葉の一覧【ビジネスシーン】
  5. 5.大和言葉の一覧【名付け・女の子】
  6. 6.大和言葉の一覧【名付け・男の子】
  7. 7.大和言葉の一覧【季節の情景】
  8. 8.日常で使いやすい大和言葉とは
  9. 9.大和言葉に言い換えしてみよう!

大和言葉とは?

私たちが普段から会話や文章で使用している日本語では、漢字や英語などあらゆる国の言葉がミックスされて使われています。

それらの中でも、漢字が入ってくるずっと前から存在し、使われている言葉を「大和言葉(やまとことば)」と言います。

日本語の種類の一つ

大和言葉は日本語を分類するときに使われる単語です。漢字の訓読みで作られる「漢語」、英語・外国語をカタカナで表記する「外来語」、漢字や外来語が入る前から日本で使われていた「大和言葉」の3つに分類します。

「月明り」「月光」「ムーンライト」はそれぞれ同じ事柄を言い換えたものです。これらを分類すると「月明り」は大和言葉、「月光」は漢語、「ムーンライト」は外来語になります。

漢語

Photo by XXC

中国大陸から日本に伝わってきた漢字の単語の中で、日本でも定着した言葉のことを「漢語」と呼びます。

中国大陸から入ってきたため、「外来語」の分類でもありますが、日本と漢字との関わりはかなり深く密接なため、外来語と漢語は区別して扱われます。

外来語

Photo by kvanhorn

外来語は海外から日本に入ってきた言葉のことを指します。西洋から入ってきた言葉が多く、「洋語(ようご)」とも呼ばれています。

日本語や漢語にはない音を表現するために、カタカナで表記されることが多いのが外来語の特徴です。グローバルな印象が出るため、大和言葉や漢語でも表現できる言葉を、あえて外来語に言い換えることもできます。

和語

Photo by megttan

「漢語」は漢で作られた言葉、「外来語」は外国で作られた言葉ですので、日本で作られた言葉(大和言葉)を「和語」と呼ぶこともあります。

ただし、「和語」という単語は、外来語の別の呼び方である「洋語」の対義語と捉えることもできるため、人によっては「洋語以外の日本語は全て和語」とする場合もあるでしょう。

大和言葉の特徴

Photo by Japanexperterna.se

大和言葉を使うと、漢語や外来語と比べて響きがやわらかいため、上品に聞こえます。また、語彙が豊富で繊細な表現が出来たり、日本語の美しさや味わい深さがある点も大和言葉の特徴です。

ここからは、漢語や外来語にはあまり見られない大和言葉の特徴を、詳しく見ていきましょう。

響きがやわらかい

Photo by halfrain

大和言葉には、言語的な情報の伝達だけでなく、その音が持つイメージや雰囲気が脳裏に描かれ、余韻や味わいを残すような、やわらかい響きがあります。

一方、漢語や外来語は情報伝達としての機能的な役割に特化しており、大和言葉と比べると「直球」な表現です。そのため、漢語や外来語を多用すると、時に断定して切り捨てるような印象が目立つこともあるでしょう。よりマイルドな伝え方にするなら、大和言葉が適任です。

上品に聞こえる

関連するまとめ

人気の記事