返信用封筒の宛名の書き方まとめ!折り方・入れ方や送る時のマナーもチェック!

返信用封筒の宛名の書き方まとめ!折り方・入れ方や送る時のマナーもチェック!

返信用封筒の宛名の書き方について解説します。返信用封筒を送るときや返送するときには、宛名の書き方や封筒の折り方・入れ方などのマナーに気を付ける必要があります。返信用封筒はビジネスシーンでも使われることが多いので、しっかりと覚えておきましょう。

記事の目次

  1. 1.返信用封筒の宛名の書き方【行の直し方】
  2. 2.返信用封筒の宛名の書き方【折り方】
  3. 3.返信用封筒の宛名の書き方【入れ方】
  4. 4.返信用封筒の宛名の書き方【送り方】
  5. 5.返信用封筒の宛名の書き方【行・宛の違い】
  6. 6.返信用封筒の宛名の書き方は社会人のマナーが問われる

返信用封筒の宛名の書き方【行の直し方】

返信用封筒とは、差出人へ書類を返送するための封筒で、差出人が書類と一緒に同封して相手へ送ります。同封することで、返送する際の手間を省いたり、誤送を防いだりできるメリットがあります。普段の生活ではあまり使う機会がないかもしれませんが、ビジネスシーンでは利用されることが多いので、社会人としては必ずマナーを知っておきたいです。

この記事では、返信用封筒の宛名の書き方のマナーをはじめ、「行」の直し方、折り方、入れ方などについて解説します。まずは、返信用封筒を送り返すときの「行」の直し方のマナーについてです。

二重線を引く

Photo byFree-Photos

企業から送られてくる返信用封筒には、あらかじめ住所や会社名、担当者名などの宛名が印刷されている場合が多いです。そして、会社名や担当者名などの宛名の下には、通常であれば「行(ゆき)」または「宛(あて)」と書かれています。そのまま返送しても大丈夫なのでしょうか。

「行」や「宛」を直さずに、そのまま返信用封筒を返送してももちろん届くことは届きます。けれども、「行」や「宛」を直さずに、そのまま返信用封筒を返送することは、相手を呼び捨てにしているのと同じでマナー違反になります。

そのまま返送すると常識がないと思われる可能性がありますので、正しい直し方で直してから返送しましょう。ただ直せばいいというわけではなく、直し方にもマナーがあります。

Photo byFree-Photos

「行」や「宛」の直し方はとても簡単です。「行」や「宛」の直し方は、まず最初に「行」や「宛」という文字を消します。消すといっても、ぐちゃぐちゃに塗りつぶすのではなく、二重線を引いて消すのが直し方のマナーです。短い線でよいので定規を使うほどではありませんが、丁寧な直し方を心掛け、綺麗な線が引けるか心配な場合には定規を使いましょう。

重要な書類を修正するときには、訂正印を押す必要がありますが、「行」や「宛」の直し方では訂正印を押す必要はありません。相手への敬意を表すために書き換えるだけで、間違いを訂正すわけではないからです。

行の代わりの文字を書く位置

Photo byjarmoluk

では、返信用封筒の「行」や「宛」の文字を取り消し線で消した後は、どうすればいいのでしょうか。もちろん何も書かなくても届けてはもらえます。けれども、「御中」か「様」に書き直すのが直し方のマナーです。敬称をつけずに返信用封筒を返送するのは相手に対してとても失礼なことです。

「行」や「宛」の代わりの文字を書く位置は、縦書きなら取り消し線の左か下、横書きなら取り消し線の下か右です。書くスペースがない場合には、他のところに書いても問題ありません。バランスを考えながら書きましょう。

Photo byGingerQuip

「御中」と「様」のどちらを使うのが正しいのかは、返送用封筒に書かれた宛名によります。宛名が会社名や部署名の場合には「御中」、個人名の場合には「様」を使います。個人名が書かれた押印が押されている場合にも「様」で返送するのがマナーです。

「御中」は「中の人」というような意味合いの言葉で、特定の相手のことではありません。会社の皆さんや部署の皆さんといった意味になります。会社や団体に所属する人なら、誰が封を開けてもいい郵便物であるということです。

敬称の種類

Photo byStartupStockPhotos

宛名が会社名や部署名の場合には「御中」、宛名が個人名の場合には「様」を使うのが正しい直し方であることを説明しましたが、「御中」と「様」以外に「先生」や「殿」といった敬称が使われることもあります。

「先生」は、お世話になった恩師などに使う敬称です。「殿」は目上の人から目下の人に向けて使う言葉といわれていますが、実はこれは誤解です。とはいえ、「殿」を使うと相手に不快感を与えることになるかもしれませんので、ビジネスの場などでは使わない方が無難でしょう。

返信用封筒の宛名の書き方【折り方】

返信用封筒は相手から送られてくるだけでなく、返送してもらうために自分が相手に送らなくてはいけないこともあります。返信用封筒という専用の封筒が販売されているわけではありませんので、自分が相手に送るときには自分で作成しましょう。

ここからは、相手から返送してもらうために自分が返信用封筒を送るときのマナーについてご紹介していきます。まずは、返信用封筒の折り方についてです。

三つ折りが妥当

返信用封筒を同じ大きさの封筒に入れる場合や返信用封筒を入れる封筒の方が小さいときには、返信用封筒を折ってから入れる必要があります。返信用封筒を折るときには、適当な折り方をするのではなく、封筒の角をきちんとそろえて綺麗な折り方をしましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事