意識高い系の人が使う言葉まとめ!カタカナや横文字のビジネス用語なども!

意識高い系の人が使う言葉まとめ!カタカナや横文字のビジネス用語なども!

わたしたちの身の回りにひとりはいる「意識高い系」。彼らが使う言葉はカタカナが多くて言っていることがわからないと感じた経験があるかもしれません。そんな意識高い系の使う言葉にスポットをあてて、その意味や使いかたをまとめていきます。

記事の目次

  1. 1.身近にもいる意識高い系
  2. 2.意識高い系とは
  3. 3.意識高い系の言葉の特徴
  4. 4.意識高い系が使う言葉や例文一覧~初級~
  5. 5.意識高い系が使う言葉や例文一覧~中級~
  6. 6.意識高い系が使う言葉や例文一覧~上級~
  7. 7.意識高い系が使うビジネス用語
  8. 8.意識高い系と思われない様にする対処法
  9. 9.意識高い系が使う言葉やビジネス用語を覚えておこう!
Photo byrawpixel

意識高い系が使う言葉や例文一覧を見てきて、これは聞いたことがないというものもあれば、普段から使っているというものもあったのではないでしょうか?意識を高く持っていなくても使っている人の影響を受けて知らずに使っていることはよくあります。

次に紹介するのは、特にビジネスシーンで使われることが多い単語です。ここもカタカナ言葉や用語が多くあります。

①フェーズ

Photo byathree23

ビジネスシーンでも目標や工程の段階を「第一フェーズ」や「次のフェーズ」のように言うことがあります。フェーズそのものには「段階」「局面」「期間」という意味があり、周りで使っているのがどの意味の「フェーズ」るのかは、事前に確認をしておいたほうが良いでしょう。

②マスト

Photo bygeralt

マストアイテムといえば「これは絶対に必要」「ないと困るもの」です。使いみちが広く、覚えやすいので様々なシーンで見聞きすることがあります。マストそのものの意味は「必須」や「とても重要」です。「第三フェースはマストだからしっかりね」のような使い方もできます。

③コンセンサス

Photo by089photoshootings

次に紹介する「コンセンサス」はビジネスでも特に「営業の分野」でしばしば用いられる用語です。複数人での「合意」や「同意」という意味があり、プロジェクト開始の同意が得られたときなどに「ついにプロジェクトのコンセンサスを得た」のように使われます。また「段取り」もコンセンサスということがあります。

④バジェット

Photo bystevepb

ビジネスに「予算」はつきものです。その「予算」という言葉にも他と同じように「パジェット」という言葉が用いられます。他に「経費」という意味を含もこともあります。また「○○パジェット」の用に使うと「格安の○○」という意味にもなるので、書類などに書く際には意味が変わってしまうため注意が必要です。

⑤アポイントメント

Photo byFirmBee

最後に紹介するのは、今までの言葉の中でもトップくらいに多くの人が知っている「アポイントメント」です。「アポ取り」や「アポ電」のように「アポイントメント」を「アポ」と省略して使われることも多くあります。意味は「約束する」というもので、これも営業のなかでは普通に使われています。

マストの意味とは?ビジネスでの使い方・例文・対義語などをまとめて紹介! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
マストとは、必須・欠かせないなどの意味を持つ英語をカタカナ語にした言葉です。マストは、ビジネスのシーンでの使い方とファッション分野での商品を指す使い方をします。マストの本来の意味は?ベター・ウォント・フリーなどのマストの対義語など例文を交えながら説明します。

意識高い系と思われない様にする対処法

Photo byRyanMcGuire

たくさんの「意識高い系」の言葉を見てきました。どうしてわざわざ日本語を使わないでカタカナにするのか?や専門用語すぎてわからないと感じたものもあるかもしれませんが、もし、意識せずにカタカナ言葉を使うクセや専門用語を使ってしまう傾向があれば、意識高い系と思われているかもしれません。

言葉の中のカタカナや横文字の使用を減らす

Photo byTheDigitalArtist

意識高い系と思われないようにするコツは、とにかく「カタカナ」や「横文字」「専門用語」を使わないことです。また、聞いたカタカナ言葉もすぐに真似して使うのではなく、意味をしっかり確認した上で正しく使うようにするだけでも「意識高い系」と思われにくくなります・

意識高い系が使う言葉やビジネス用語を覚えておこう!

Photo byStartupStockPhotos

ビジネスや私生活のなかに一人はいる「意識高い系」ですが、彼らが使っている「カタカナ言葉」や「用語」の意味を知ることで、印象も変わるかもしれません。また、意識高い系でなくてもビジネスで使われる用語がありますので、この機会に一つでも覚えてみるのはいかがでしょうか?

前へ

関連するまとめ

人気の記事