スムースとスムーズはどっちが正しい?意味の違いなど詳しく紹介!

スムースとスムーズはどっちが正しい?意味の違いなど詳しく紹介!

スムースとスムーズを使い分けていますか?実は英語には、「smooth」は1種類しか存在しません。スムースとスムーズはどっちを使うのが正しいのか、意味に違いはあるのか、どのように使い分ければいいのかを、「スムーズ」に解説いたします。

記事の目次

  1. 1.スムースとスムーズの意味
  2. 2.スムースとスムーズはどっちが正しい?
  3. 3.スムースとスムーズの英語の発音
  4. 4.アナウンサーはスムース?スムーズ?
  5. 5.スムースとスムーズの議論
  6. 6.スムースとスムーズは発音のしやすい方を選ぶ
  7. 7.外来語問題は本当に問題です
  8. 8.スムースとスムーズの意味や違いを理解しておこう!

スムースとスムーズの意味

Photo byYanns

「スムーズ」を辞書で引いてみてください。そこには、物事が支障なくすらすらと進むさま。円滑にはかどるさま。または「スムース」と記載されています。使うときには、2語以上組み合わさった場合には濁らずに「スムース」となることが多く、1語で使用する場合には、そのまま「スムーズ」となります。

「英語が由来になっている」などの注釈もなく、もう完全に日本語として「スムーズ」という単語が定着していることが理解できます。普段意識していませんんが、そのような言葉は意外と多くあります。

忌み言葉でもありませんので、慶事や忌事の両方でも使用することが可能です。普段からよく使用する言葉ですが、意識したことはあまりないでしょう。壇上などで話すときに「スムーズ」か「スムース」かどっちが正しいか悩むことがあるかもしれません。そんな時はこのサイトをぜひ参考にしてください。

物事が「円滑」に進む様子

「スムース」も「スムーズ」どっちも、物事が円滑に進む様子を意味しています。英語では、主な意味以外の意味として、「人当たりの良い」「口当たりの良い」「調子の良い」「洗練された」「手入れの行き届いた」などがあります。総じて、「滑らか」に繋がる意味合いとなります。

由来は英語になりますが、物事が円滑に進む様子は日本語で「滑らか」と表現するよりも「スムース」「スムーズ」と表現することが当たり前になっています。

用例を示すと、「渋滞だったが、スムーズに車が流れていた」や「今日の司会進行はスムーズだった」といった具合です。2語にすると「スムーズ」から「スムース」へと変化します。「スムース・フロウ」や「スムース・モデレーション」といった具合になり、「スムーズ・フロウ」「スムーズ・モデレーション」より聞きやすく滑らかな印象を受けます。

この発音や表記については、後述する外来語問題にも関連してきます。「スムース」「スムーズ」もそうですが、より本来の音に近いものが正しいという理解で問題ありません。

スムースとスムーズはどっちが正しい?

では、「スムース」と「スムーズ」はどっちが正しいのでしょうか。日本語としては、「スムーズ」がより正しいと言えます。数種類の辞書を調べてみると、「スムース」の欄には、「スムーズ」のこと、「スムーズ」の別の言い方、などと表記されています。辞書によっては、「スムース」が載っていない辞書もあります。

本来これは、正しい、正しくないで議論する問題ではないのですが、どっちがより正しい、より本来の英語の「smooth」に近いのかということでいうと、「スムーズ」ということになるでしょう。

だからといって「スムース」を使うことで、何か問題があるということは一切ありません。使いたければ「スムース」を使えばいいのです。「スムース」には「スムース」の良さがあり、「スムーズ」には「スムーズ」の良さがあります。

どちらも間違いでは無い

Photo byAJEL

「スムース」も「スムーズ」も、どっちも意味は変わりませんし、間違いではありません。ただ言い方が異なるというだけにすぎません。口語としては言いやすい方で問題ないと思いますが、文章にする時には「スムース」と「スムーズ」を使い分ける場合があります。これも個人の感覚の問題で、どっちが正しいということはありません。

このどっちでも間違いではないことが、外来語の問題なのです。「スムース」と「スムーズ」に使い分けや優先順位があれば、何の問題もないのです。

英語表記では両方/smooth

Photo byFree-Photos

英語表記においては、「smooth」は1種類しかありません。主要な意味から、「滑らかな」「つるつるの」「すべすべした」「むらなく混ざった(均質な)」となります。日本語として「スムース」「スムーズ」を使用する場合には、「滑らかな」以外で使用することはほとんどありません。

日本語表記では、外来語は基本的に「カタカナ」で表記されます。ただ、「アルファベット」が「カタカナ」に表記され変えた時点で、外来語から日本語になります。日本語になってしまえば、「スムーズ」がより正解に近くなります。

カタカナ表記では濁音と清音に分かれる

「ひらがな」および「カタカナ」が成立する前の日本語では、「清音」と「濁音」は明確に区別されていました。現在では、同じ「かな」に「”」を付けることで「濁音」が成立します。例えば「スムース」を「スムーズ」にすればよいのですが、「かな」が成立する以前は、別の言葉として区別して使用されていました。

例えば、「清音」が「す」とすれば「濁音」の「ず」を表すには別の文字を使用します。例えば「△」だったりしたという訳です。その言語体系から、現在の日本語へと移り変わる際に「清音」と「濁音」の明確な区別がなくなりました。

関連するまとめ

人気の記事