アットマークの意味と使い方まとめ!つける場所や由来なども詳しく解説!

アットマークの意味と使い方まとめ!つける場所や由来なども詳しく解説!

アットマークとは記号「@」の意味です。単価や場所などを表す時、アットマークは使われます。便利に使えるアットマークですが、どういった由来なのか、正式名称は何なのを知らない人も多いことでしょう。アットマークの意味や使い方について見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.アットマークは使い方で意味が変わる
  2. 2.アットマークの由来
  3. 3.アットマークの俗称
  4. 4.アットマークの使い方と意味
  5. 5.アットマークのつける場所
  6. 6.アットマークの注意点
  7. 7.アットマークは様々な意味を持つ便利な言葉

アットマークは使い方で意味が変わる

Photo byIO-Images

インターネットが普及するにつれ、アットマークを見かける機会は増えたのではないでしょうか?アットマークと言われて、すぐに意味が理解できるでしょうか?アットマークとは記号「@」の俗称です。

アットマークはいろいろな使い方をされています。あなたもツイッターなどのSNSやメールアドレスで使っていることでしょう。しかし、アットマークの意味を正確に知っているでしょうか?

Photo bygeralt

アットマークは俗称であり、正式名称が別にあります。正式名称を知らずに、アットマークとばかり呼んでいると、困るシチュエーションも出てくるかもしれません。

アットマークの正式名称の他、そもそもの意味、使い方、使える場所などについて見ていきましょう。

アットマークの正式名称は単価記号

Photo bystevepb

何気なくアットマークと呼んでいるアットマーク記号ですが、正式名称は別にあります。アットマークの正式名称は「単価記号」といいます。その使い方として、日付の前に付けたり、個数の前に付けてりします。

単価を表すことから、このような正式名称をつけられたと言われています。アットマークには正式名称の他に、公式名称というものがあります。正式名称ではありませんが、世界共通であると説明すると適切なのかもしれません。

Photo byTheAngryTeddy

それは「コマーシャルアット」という呼び方です。アットマークという呼び方がすっかり定着しているため、正式名称も公式名称も使う機会はあまりなかったかもしれません。

しかしいざと言う時、正式名称や公式名称を知っていないと、恥をかくこともあるかもしれません。正式名称は普段あまり使う機会はないかもしれません。しかし正式名称ではなく公式名称なら使う機会も多いので、覚えておくといいでしょう。

あくまで公式名称であるので、正式名称とは違います。「コマーシャルアット」を正式名称と勘違いして使わないようにしましょう。

アットマークの由来

Photo bygeralt

インターネットの普及によって、アットマークはすっかり身近なものになりました。毎日目にしない日はないと言えるのではないでしょうか?

しかしアットマークの意味を知らないで使っている人も少なくないでしょう。そんなアットマークですがどういう由来があるかをご存じでしょうか?アットマークの由来を知っていると、ちょっとした豆知識となり、話のネタになることでしょう。

アットマークは誰もが使っている記号なので、由来を知っていると、ちょっと自慢できるかもしれません。それではアットマークの由来はどういったものなのでしょうか?

ラテン語のad

Photo byLUM3N

アットマークの由来は、ラテン語と言われています。ラテン語で「ad」をより分かりやすく簡単にまとめたというのがアットマークの由来と言われています。また別の由来の説もあります。

簡単にまとめたのではなく、「ad」が重なってしまい、そのまま記号になってしまったという由来の説もあります。ちなみに由来となった「ad」とは英語で「at」や「for」と同じ意味の言葉です。アットマークの由来には、また別の説もあります。

Photo bycocoparisienne

もう1つの由来は、中世の修道士が「ad」と書こうとして、二つの文字がつながってしまい、「@」になったというものです。さらにギリシャの水量の単位が由来だという説もあります。

スペインとポルトガルで使われている質量の単位が由来としている説もあります。さらには英語で「each at」の「e」と「a」がつながったのが由来としている説もあります。このようにアットマークにはさまざまな由来があることを覚えておきましょう。

意味はat・or・to

Photo byFree-Photos

アットマークが表すと言われるラテン語の「ad」は英語では「at」「for」「to」といった意味にあたる単語です。アットマークはパソコンを使うようになって、市民権を得てきたように思われがちです。しかしかなり昔から存在していました。

次へ

関連するまとめ

人気の記事