プラ板に色鉛筆で着色してみよう!簡単なグラデーションの作り方やコツも伝授!

プラ板に色鉛筆で着色してみよう!簡単なグラデーションの作り方やコツも伝授!

自分だけのアクセサリーや小物をハンドメイドしたい方へ、プラ板を利用した加工方法をおすすめします。着色には色鉛筆が使えます。今回は、100均で揃えられるプラ板を使った色鉛筆での着色方法、グラデーションの作り方なども踏まえたオンリーワンなアクセ作りのご紹介です。

記事の目次

  1. 1.優しい色になるプラ板に色鉛筆で着色する方法を紹介!
  2. 2.色鉛筆で着色するプラ板の特徴
  3. 3.色鉛筆で着色するプラ板の簡単な作り方
  4. 4.プラ板に色鉛筆でグラデーションを作る方法
  5. 5.やすりなしで色鉛筆が使えるプラ板もある
  6. 6.プラ板に色鉛筆で着色する方法を試してみよう!

優しい色になるプラ板に色鉛筆で着色する方法を紹介!

フリー写真素材ぱくたそ

どこにも売られていないオンリーワンな、アクセサリーや小物を作りたいという方は多いと思われます。オリジナル小物を簡単に作れる方法の一つが、市販されているプラ板を加工した作り方です。

いたってシンプルな作り方で、プラ板に好きなカラーのデザインや絵を描いて作成します。中でも、色鉛筆を使って着色するのが最も簡単で手軽です。

色鉛筆で着色するプラ板の特徴

プラ板に着色する素材としては、油性マーカーやポスターカラーなどさまざまなものがありますけど、色鉛筆は手頃で使いやすくて簡単なのでおすすめです。色鉛筆を使って表現するメリットには他にもいくつかあり、仕上がるとその特徴がしっかりと表現されます。

ふんわり優しい色になる

Photo byskeeze

プラ板に着色するアクセサリーや小物の作り方として、色鉛筆を使ってみるとふんわりとやわらかく優しい着色ができます。色鉛筆は繊細な部分を再現できるため、油性ペンだけでは表現できないニュアンスが楽しめます。

油性ペンとも比較して作ってみれば、その出来栄えの違いが分かるはずです。くっきりとムラなく輪郭などを出したいのであれば油性マーカーを使ってみたり、細かな色合いを表現したいのであれば、色鉛筆を中心に着色してみましょう。

重ね塗りやグラデーションを楽しめる

Photo bygeralt

プラ板に色鉛筆を使って着色すると、完全に塗りつぶしたものとは違って、微妙な色のムラが発生します。そのナチュラルなムラが感覚的に活かせるのも特徴です。また、濃い部分と薄い部分とのグラデーションを表現したい場合には、色鉛筆は他の筆記具よりも表現しやすいためおすすめです。

消しゴムで消すこともできる

Photo byMasterTux

プラ板に色鉛筆を使って小物を作る際、扱いやすい理由の一つは、間違ったとしてもやり直しが利くという点です。色鉛筆での着色なので、普通に市販されている消しゴムを使って消すことができます。何回でも、納得できる色合いやデザインが作りやすいことがメリットです。

プラ板をレジンでぷっくりおしゃれに!簡単なアクセサリーの作り方も紹介!のイメージ
プラ板をレジンでぷっくりおしゃれに!簡単なアクセサリーの作り方も紹介!
ハンドメイドに人気のプラ板は、レジンと組み合わせることでぷっくりかわいい手作り作品に仕上がります。今回はプラ板とレジン液で作る簡単アクセサリー「ピアス」と「ブローチ」の用意する材料と作り方・手順などについて詳しくご紹介します。

色鉛筆で着色するプラ板の簡単な作り方

プラ板でアクセサリーや小物を作る場合、どのような準備や用意が必要なのでしょうか?実は、それほど大げさなものを用意する必要はありません。

普段の暮らしの中で密着したものを活用するだけで簡単に作ることができます。では、プラ板に色鉛筆を使ったアクセサリー・小物作りの準備と作り方についてご紹介しましょう。

用意するもの

プラ板に色鉛筆でデザインするためには、基本的な道具がいくつか必要です。オーブントースターが必要となりますが、それ以外はさほど特殊な用具などありません。まずはプラ板で、フロストタイプのプラパンがおすすめです。

他には200~400番程度の紙やすり、色鉛筆、アルミホイルかクッキングシート、軍手、厚みのある本、はさみ、オーブントースター、クリアマニキュア、穴あけパンチです。材料のほとんどは100均などで購入できるものばかりですので、いつでも気軽に始めることができます。

着色前の準備

色鉛筆を使ったプラ板作品を作るためには下準備が要ります。まずは、プラ板にそのまま色鉛筆で着色することは不可能に近いので、しっかり色が乗るような状態にします。つるつるしたプラ板の裏面を紙やすりでこすりざらざらな状態にします。

この下準備は必ず行います。円を描くように均一にやすりがけをし、白っぽく見えてくれば完了です。もし、フロストタイプのプラ板を事前に用意できれば、すでにこの工程が施されているため合理的です。

やすりがけが雑過ぎるとムラになることも

Photo by ketou-daisuki

透明プラ板の片面をやすりがけするのは、色鉛筆の塗料を乗せるためです。買ったばかりのプラ板の表面はつるつるしているため、そのままでは色がつきません。そのためプラ板を、目の細かい紙やすりを使い縦横斜めに軽く擦って磨きます。

ポイントは円を描くよう均等に細かい傷を付けるような感覚です。目安は、全体的に白く濁った感じです。ただしあまり雑にやり過ぎると、着色のムラが出てしまいます。狙いとして色ムラを出したいのならいいのですが、適度に細かいざらつきの面にすることです。

色鉛筆で色を塗る

次へ

関連するまとめ

人気の記事