牛乳パックで小物入れづくり!簡単な作り方やかわいいアイデアを紹介!

牛乳パックで小物入れづくり!簡単な作り方やかわいいアイデアを紹介!

うっかりしているとどんどん溜まっていく牛乳パック。そんな牛乳パックをリサイクルして、かわいい小物入れを作ってみませんか?作り方はとても簡単。小物入れのほかにも、ちょっとしたアイデアで作れるおしゃれで便利なアイテムもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.リサイクル作品・牛乳パックの小物入れの作り方を紹介!
  2. 2.お子さんと一緒に作れる簡単な牛乳パックの小物入れ
  3. 3.はぎれを使ったかわいい牛乳パックの小物入れ
  4. 4.小物入れ以外の牛乳パックを使ったアイデア作品
  5. 5.牛乳パックでかわいい小物入れを作ってみよう!

リサイクル作品・牛乳パックの小物入れの作り方を紹介!

Photo by photographerpandora

それでは、小さなお子さんも一緒に作れる簡単な「引き出し付き小物入れ」と、アイデア次第でさまざまなバリエーションが楽しめる「シンプル小物入れ」の2つの作り方をプロセス順に解説します。基本は切って貼るだけの簡単作業ですから、初心者の方も気軽に始めてみましょう。

使いやすい小物入れは、いくつあっても嬉しいもの。たくさん作って、作り方を覚えてしまえば応用でいろいろな物が作れます。万一失敗しても、コストのかからないリサイクル素材なので、再挑戦も気兼ねなくできます。

お子さんと一緒に作れる簡単な牛乳パックの小物入れ

Photo by iyoupapa

まずはフェルトを使った引き出し付き小物入れの作り方からご紹介します。引き出しがついているのでちょっと難しそうに感じられるかもしれませんが、実はとても簡単。お子さんも一緒に楽しめます。

引き出しが付いた小物入れは、簡単なのに凝っているように見えるのが嬉しいところ。完成したときの満足感もひとしおなので、家族みんなでぜひ挑戦してみてください。お子さんにリサイクルの大切さを教えるのにも最適です。

必要な道具と材料

Photo byErbs55

牛乳パックの小物入れを作るのに特別な道具は必要ありません。いつも使っているはさみとのりがあれば十分です。

そのほか印付け用に定規とフェルトペン、穴をあけるための目打ち、仮止めに便利なセロテープや洗濯ばさみもあると作業がスムーズになります。

主役の牛乳パックは、1リットルサイズのものを2個用意します。資源ごみとしてリサイクルに出す時と同じように、きれいに洗って乾かしておきましょう。ただし切り開く必要はありません。

ほかには好みの色のフェルト、引き出しの取っ手になるひもなどがあれば、すぐにでも作りはじめられます。

作り方

Photo byvincentvan

まず横にした牛乳パックの1つの面を切り取って小物入れの外側を作ります。次いでもうひとつの牛乳パックで引き出しを2つ作り、それらを合体させるという流れになります。

完成すると、長方形の外箱に、正方形の引き出し2つを横並びに収納したスタイルの小物入れになります。次項から詳しいプロセスをご説明していきます。基本の作り方を覚えたら、アイデアを出し合っていろいろなタイプの小物入れを作ってみましょう。

なお小さいお子さんと作る場合は、カットする作業は保護者が担当するなど、安全面にじゅうぶん注意してください。

①引き出しを入れる収納口を開ける

Photo by SigNote Cloud

外箱用の牛乳パックに、底から測って16センチの高さでぐるりと印をつけます。牛乳パックを横に寝かせて、手前になる1面を切り取ります。奥側の面は、つけておいた印から注ぎ口側に向かって7センチの箇所でカットします。

残りの2面は印から3センチの箇所でカットします。これがのり代になります。奥側の面を印から内側に折り返し、外から上下の面をかぶせるようにしてのりづけします。のりが剥がれないようにセロテープで仮止めし、のり代は洗濯ばさみで固定しておきましょう。

後はのりが乾いて完全に接着するまで待ちます。これで、1面が開いた長方形の箱ができました。この箱が小物入れの外側になります。

②引き出しを2つ作る

Photo bybs-matsunaga

次に、中に入れる引き出しを作ります。引き出し用の牛乳パックを底から6センチの高さでカットすると、ちょうどよく外箱に収まる引き出しができます。

もうひとつの引き出しは、残りの牛乳パックから6センチぶん筒状に切り出して作ります。底がないので、外箱と同じ要領で底を作ります。

底を作るのが大変だと感じる方は、1リットルサイズの牛乳パックのかわりに500ミリリットルの牛乳パックを2つ用意しておくと、カットするだけで簡単に2つの引き出しが作れます。

③フェルトを貼る

Photo by_Alicja_

小物入れの基本的なパーツができました。でも、この段階ではまだ牛乳パックです。かわいい小物入れになるように、カラフルなフェルトを貼っていきましょう。

貼る箇所は外箱の4面と底面。引き出しも同様に、開いていない5つの面のそれぞれ外側です。見えない内側は貼らなくても構いませんが、気になる方は画用紙など厚みの出ないものを貼り付ければよりきれいな仕上がりになります。

切りっぱなしでもほつれないのがフェルトの特徴です。好きな色や形を自由に切り張りして、オリジナルな小物入れを作りましょう。

④引き出しに取っ手をつける

Photo bysuju

仕上げに、引き出しがより使いやすくなるように取っ手をつけましょう。まず引き出しの前面の、好きな位置に目打ちで穴を2つ開けます。

位置はどこでも構いませんが、引き出し面の中央からあまり離れると使いにくくなるので、中心地点から少し下あたりがおすすめです。表から穴にひもを通し、内側で結べばできあがりです。

取っ手はある程度の強度があるひも状の素材なら何でも大丈夫。ゴムひもやリボンなど、身近にあるものを活用してオリジナルの取っ手を作りましょう。穴を開けたくない場合は、ボタンや大き目のビーズなどを縫い付けるとかわいい取っ手になります。

牛乳パックの扱いに慣れたら、応用していろいろなものを作ってみましょう。軽くてやわらかい安全な素材なので、手作りおもちゃにもおすすめです。

牛乳パックでおもちゃ工作を楽しもう!簡単な手作りアイデアをまとめて紹介のイメージ
牛乳パックでおもちゃ工作を楽しもう!簡単な手作りアイデアをまとめて紹介
牛乳パックを使ったおもちゃの工作アイデアをまとめました。牛乳パックはいろいろな活用方法がありますが、子供向けおもちゃを手作りする材料としてもおすすめです。この記事では牛乳パックを使った簡単なおもちゃの工作アイデアの材料と作り方を年齢別に紹介します。

はぎれを使ったかわいい牛乳パックの小物入れ

Photo bycongerdesign

フェルトの小物入れよりやや大人っぽいデザインの、おしゃれでかわいい小物入れの作り方です。牛乳パックの形をそのまま活かして作るので、組み立てるところはほとんどなく、簡単にできます。

作り方がシンプルなぶん、飾りにこだわって自分だけのオリジナル作品にしましょう。リサイクル工作初心者の方の、初めての作品にも最適です。

必要な道具と材料

Photo byElissaCapelleVaughn

次へ

関連するまとめ

人気の記事