バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?

バラの本数・色の意味まとめ!花言葉の違いやプロポーズでの最適な組み合わせは?

バラは贈る花束として有名ですが、色や本数によって花言葉の意味に違いがあります。バラは、プロポーズの際に用いられる事が多いですが、色などによってプロポーズ以外にも贈る事ができます。今回は、バラの本数や色の意味、プロポーズに最適な組み合わせについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.バラには様々な花言葉がある
  2. 2.バラの本数ごとの花言葉と意味
  3. 3.バラの花言葉は本数以外にもある
  4. 4.バラにはネガティブな意味の花言葉も!
  5. 5.バラのおすすめの贈り方
  6. 6.バラ以外で花束を贈りたい時
  7. 7.花束を渡す時におすすめの花言葉の伝え方
  8. 8.バラの名前の由来
  9. 9.バラを贈る時は本数の意味にも気をつけよう

バラには様々な花言葉がある

Photo byJosch13

花にはそれぞれ花言葉があります。良い花言葉もあれば、ネガティブな花言葉もあるため、贈る際には花言葉を理解しておかなければいけません。花言葉の意味を理解せずに贈ってしまうと、別な意味でとらえられてしまう可能性もあります。ここでは、バラにある花言葉についてご紹介していきます。

バラの基本的な花言葉は「愛」

Photo byArtTower

基本的には、赤色のバラを良く目にしますが、今は赤色以外にも様々な色のバラが販売されています。バラはトゲのある低木の総称である「いばら(茨)」が転訛したものと言われており、「愛」と「美」の象徴として用いられてきました。

「愛」や「美」という花言葉があることから、昔からプロポーズをする際などにバラを用いることが多かったようです。バラは恋愛に関しての花言葉が多い花なので、バラの本数や色を組み合わせたりして、贈る人もいるようです。

バラは本数によって花言葉の意味に違いがある

Photo bycongerdesign

バラは、花の中でも人気があります。昔から、プロポーズや愛を伝える際にバラが用いられてきました。バラは、基本的に赤色をイメージする人も多いですが、今は様々な色のバラが販売されています。さらに、バラの本数によって花言葉の意味も違うと言われています。下記では、バラの本数によっての花言葉の意味についてご紹介していきます。

バラの本数ごとの花言葉と意味

Photo byreinbacher

バラは、恋人に贈る花として有名です。愛の象徴として昔から贈られており、女性にとっては喜ばれる花言葉を持っています。しかし、必ずしも良い花言葉だけを持っているという訳ではありません。本数によって花言葉に違いがあります。ここでは、バラの本数ごとの花言葉の意味についてご紹介していきます。

バラの本数の意味「1~10本」

Photo byDrCarl

バラの本数が少ないと気持ちが伝わらないという人も多いようですが、バラの本数が少なくても大きな意味を持っています。

バラの本数が1本の時の意味は「あなたに一目惚れしました」、2本の意味は「世界にはあなたと私だけ」、3本の意味は「愛している」、4本の意味は「死ぬまであなたへと気持ちは変わらない」、5本の意味は「あなたに出会えて幸せです」となります。

さらに、6本の意味は「お互いに敬い愛し合いましょう」、7本の意味は「昔から好きでした」、8本の意味は「いつも励ましてくれてありがとう」、9本の意味は「毎日一緒にいてください」、10本の意味は「あなたは素敵です」となります。本数によって全く花言葉の意味が違うという事が分かります。

バラの本数の意味「11~20本」

Photo byArtsyBee

11本の意味は「最愛」、12本の意味は「私と付き合ってください・日ごとにあなたへの愛が増しています」、13本の意味は「永遠の友情」、14本の意味は「誇り」、15本の意味は「ごめんなさい」、16本の意味は「あなたの愛が不安」、17本の意味は「絶望的な愛」、18本の意味は「誠実」、19本の意味は「忍耐」、20本の意味は「私の愛」となります。

バラの本数が11本から20本になると愛を伝える花言葉とネガティブな花言葉があるという事が分かります。12本のバラは、ヨーロッパで昔男性が女性にプロポーズする際に用いられていた本数です。

Photo by T.Kiya

12本のバラには、情熱・愛情・感謝・希望・永遠・幸福・努力・尊敬・誠実・信頼・栄光・真実など、12の想いが全て詰まっていると言われています。

そのため、プロポーズする際には、12本のバラを贈るとよいそうです。15本から17本のバラの花言葉はネガティブな意味になっているので、プロポーズなどの際にバラを渡す時は本数に気を付けなければいけません。

バラの本数の意味「21本以上」

Photo by T.Kiya

21本の意味は「あなただけを見ています」、22本の意味は「あなたの幸運を祈ります」、24本の意味は「ずっと想っています」、25本の意味は「あなたの幸せを祈っています」、30本の意味は「ご縁があることを信じています」、36本の意味は「ドラマチック」、40本の意味は「真実の愛」、44本の意味は「変わらぬ愛」となります。

さらに、50本のバラになると、「永遠・偶然の出会い」と言った意味になります。バラの本数によっては、プロポーズには用いる事ができない場合もあります。

バラの花言葉の意味を理解した上で、プロポーズなどには用いるようにしましょう。バラの本数が40本であれば、あまりかさばらないので、サプライズ演出したいという人にはおすすめの本数です。

関連するまとめ

人気の記事